光回線の速度比較




やっぱり安い!ネット料金を安くしたいならADSLがおすすめです。


現在日本ではフレッツ光を中心に光回線が主流となっています。

 
家電量販店などに足を運ぶとわかりますが、何処も彼処も光回線ばかり割引や
キャッシュバックキャンペーンを実施してるので、光回線の利用者が多いのは
当然といえば当然の流れでもあります。

 
しかし、光回線のメリット(安定した高速通信)を知りながらも
ADSLを契約しているという人も少なくありません。

 
特にADSLには、光回線よりも格安で維持できるというメリットがありますので、
仕送りのない一人暮らしの大学生やネットをあまり使わない年配者には、
ADSLは非常にお勧めです。

 
このページでは、格安のADSL業者を厳選してご紹介しています。
今後プロバイダを選ぶ時の何らかの指針になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 

Yahoo!BB ADSL(ヤフーBB)

ヤフーbb
ADSLにも多くのプロバイダ業者が存在しますが、
料金的に一番お得なのはやっぱりヤフーBBです。

 
初期費用も無料、利用料金もADSL業界の中では最安値ですし、
ヤフーADSL自体が加入者の多いADSLでもあるのでサポートも
しっかりしています。

 
ちなみに回線速度のラインナップに関しては50Mタイプだと高くついてしまうので、バランスの良い12Mタイプがお勧めです。

 
料金:1,945円~

 
結局ADSLはヤフーBB ADSLが一番お得です。光回線ならフレッツ光は
首位の座を維持していますが、ADSLに関してはヤフーが一番お得で安心できます。

 
一応NTTにもフレッツ光・ADSLというサービスはありますが、
ヤフーBBよりもだいぶ高いのであまりお勧めしません。

 

光の低料金化

2014年の段階では、まだ光回線よりもADSLのが料金が安い場合が殆どですが、
フレッツ光の独占状態だった光回線市場も、auひかりやNURO光といった競合他者が
参入した事によって、光回線の低料金化(割引などの値下げ競争)が進んでいます。

 
それに光回線を扱っているプロバイダは、ADSLよりも高額キャッシュバックを
多くつける傾向があるので、ADSLの唯一のメリットである低価格という売りも、
プラン(月4,000円以上)によっては光回線よりも損をしてる事もあります。

 
今現在、ADSLで月4千円以上の料金を支払っている方は
確実に損をしているので、もしも該当する場合には一度料金の見直し、
もしくは思い切って光回線への乗り換えを検討する事をお勧めします。

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます