光回線の速度比較




ブロードバンドとプロバイダは何が違うの?


あなたはインターネット回線についてどれくらい理解していますか?
恐らく「少しは知ってる」と「全く知らない」という人が殆どだと思います。

 
このページでは、テレビCMなどでもよく聞く「ブロードバンド」と
「プロバイダ」の違いついて簡単に説明しています。

 

スポンサードリンク

 

ブロードバンドとプロバイダの違い

プロバイダ
(絵のイメージはどちらかというとブロードバンドが電波塔のが正しいかもしれません)

 
ブロードバンド接続サービスというのは、自宅や事務所のパソコンと
プロバイダをつなぐ高速通信サービスのことを指します。

 
当然パソコンとプロバイダ間をつなぐサービスなので、
ブロードバンドだけあったとしてもインターネットに接続することはできません。

 
そしてインターネット(ウェブ)と直接つながっているのが、
プロバイダと言われているサービスです。

 
分かりやすくに言ってしまえば、インターネット回線というのは、
パソコン→ブロードバンド→プロバイダ→インターネットといった感じに
接続されていることになります。

 
ちなみに大容量通信を得意とするブロードバンドとは逆に、
超低速通信を専門とする”ナローバンド”という回線も存在します。

 
一見低速回線だから需要がないと思われがちですが、ナローバンドは
音声通話などにも使えるので、今でも現役の通信回線となっています。

 
普段何気なく接続しているインターネットも、
こう見てみると結構複雑な仕組みだったりします。

 
普通の人はこんな仕組み理解する必要もなければ、
大きなメリットと言うのもあまりないんですけどね・・・。

 
では、最後に今回説明した事をまとめますと以下のようになります。

 
ブロードバンドはパソコン本体とプロバイダの仲介の役目があり、
プロバイダはインターネットとブロードバンドの仲介に位置する。

 
凄い複雑な仕組みであることに間違いはないですが、プロバイダを契約するのは
同時にブロードバンドも開通するということです。

 
もしもよくわからない場合でも、基本的にプロバイダさえ契約しちゃえば
後は向こうが全てやってくれますので悩む心配はないでしょう。

 
ただ、やっぱり知っておいて損する知識でもないので、
学べる余裕があれば覚えておくと良いでしょう。

 
特に何も知らないアピール全開で家電量販店などに行くと、
こちらがネット知識に疎いのをいい事に、本来必要ではない
不要なオプションまで契約させられちゃいますからね・・・。

 
基本的にネット回線を開通するのに必要なのは、
光回線(フレッツ光など)とプロバイダ(OCNなど)だけです。

 
後は必要に応じて光電話やナンバーディスプレイのオプションなどを
追加していけば問題ありません。

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます