光回線の速度比較




BBIQ(九州通信ネットワーク)の評判


bbiq

BBIQの評判

この記事はBBIQのサービス利用者によって書かれています。
 

利用者の声

BBIQを利用して、現在4年目になります。契約しているプランは、「ホームタイプ 100メガコース」と「BBIQ光電話」を利用しています。
 
現在、我が家が支払っている利用料は、基本料金が5500円、光電話の基本料金に300円、そして電話のナンバーディスプレイのオプション契約を結んでいるので、400円が入り、基本料金の合計が6200円になるのですが、我が家は「BBIQつづけて割ビッグ」という、5年間継続して利用する代わりに割引をしてもらえるプランに入っているので、毎月1100円割引かれます。つまり、毎月の基本料は5100円になります。
 
BBIQには電話のオプション契約が、他にも「割込通話(キャッチホン)」や「迷惑電話拒否」など全部で5種類あり、すべてのオプションを使うとオプションの月額が600円になるという、お得なプランもあるのですが、我が家の場合は固定電話の使用頻度が低いので、「ナンバーディスプレイサービス」のみ利用しています。
 
我が家が基本料金の他に支払っているのは、通話料です。
通話料まで入れた我が家の平均支払額(半年間で計算しました。)は、5842円になります。
そして、BBIQは「auスマートバリュー」対象の回線なので、スマートフォンの料金もお得になっています。
 
さて、我が家は以前、「フレッツADSL モアスペシャル」でインターネットを行っていました。
その時の支払総額は、電話代も含めて6800円前後でした。
 
なのに、ADSLの欠点である、NTTの局舎から離れると通信速度が遅くなる現象で、平均4Mbpsしか通信速度がありませんでした。
その為、料金を安くしたい事と、通信速度が安定して早いものを利用したくて、光回線に変えようと考えたわけですが、NTTだとプロバイダーが別になり、料金面で高いことや、手続きを2ヶ所行う必要があるので、プロバイダー込みのBBIQに決めました。
 
通信に関する手続きが1ヶ所の契約で済むことのメリットは、トラブルの時にたらい回しされなくて済むという事です。
 
我が家は過去に1度、ADSLの時のトラブルで、長期間たらい回しされた経験があります。
なので、複数の会社とトラブルについて相談しなくて済むことは、大きなポイントになりました。
 
現在の我が家の通信速度は、平均で30Mbpsです。この結果には、ルーターや無線LAN(パソコンのWi-Fiが「bgn」対応のものです。)、光電話ターミナルの処理速度が含まれているので、低めの結果となっているようです。
 
この速度でも我が家の場合は、光電話使用中にパソコンでYouTubeなどの動画を見ても、どちらも問題なく使用できています。また、加入してから1度も何かのトラブルで通信できなかったことがなく、回線は安定しています。
 
一番混雑するはずの平日の夕方から夜にかけても、我が家では10Mbps出ており、この速度でも動画は問題なく見ることができますし、もちろんネットサーフィンも問題なくできています。
 
次に電話の通話品質ですが、こちらもノイズが入ったり、音声が遅延したりといった不具合はなく、今までの固定電話と同じように利用できています。
また、電話の発着信が影響してインターネットの速度が一瞬落ちることもありません。
 

スポンサードリンク

 
BBIQへの申し込みは公式ホームページから行いました。後日、BBIQの方から電話があり、契約内容の確認や工事前に1度、工事担当の方が現地調査に来るための日程調整を行いました。
 
そして実際の現地調査では、どこの電柱から線を引くのかといった説明と、どこから家に線を入れるのかなどの配線ルートの相談ができました。導入工事の時は、我が家は持ち家なので、実際の工事時間は40分ほどで終了しました。
 
工事の時に光電話ターミナルのセットアップまではしてくれますので、残りの設定作業は、マニュアルの冊子がとても丁寧に書いてあるので、パソコンに関する知識があまりない方でもセットアップできるのではないかと思います。また、工事中に家に傷などがつかないようにする配慮もよくできており、工事の方の印象もよく、工事前にどのような事を行うのか、再度詳しい説明があってから工事に入られました。
 
訪問後すぐに工事に取り掛かってしまう業者もいる中、そのような配慮は嬉しいものです。
 
さて、光回線の会社やプロバイダーによっては、様々な新プランの加入促進の電話がかかってくることがありますが、BBIQは現在のところ、そういった営業の電話がかかってきたことはありません。一度だけかかってきたのは、今年の1月に「加入して4年になるが不具合はないか。」という電話だけでした。私が話したオペレーターの方は女性でしたが、専門用語にも強く、でも言葉遣いは丁寧でとても良い印象を受けました。
 
総評としては、回線や借りている機器(光電話ターミナル・回線終端装置)にこれまでトラブルはなく、プロバイダー込の料金体系でわかりやすいので、特にこれまで困ったことがありません。我が家の生活に溶け込んでしまっているので、逆にBBIQがなくなったらどうしようと考えるくらいです。
 
1つ欲を言うと、我が家のある長崎県はBBIQ光テレビというサービスの対象外のエリアなのが残念です。1100円で地上波とBSがアンテナなしで複数台見られるので、このサービスがこちらの地域にも提供されれば、さらに満足です。
 
回線終端装置
※写真は回線終端装置
 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます