光回線の速度比較




プロバイダの乗り換えで高額キャッシュバックをゲットせよ!


もうすぐ引っ越しシーズンがやってくるだけあって、最近回線業者のキャッシュバック祭りが活発になってきました。もちろん消費者目線で考えれば、どうせ貰えるキャッシュバックなんだし1円でも多い方が良いのは当たり前ですよね。

 

キャッシュバックが高すぎても危険

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu500
これは私が家電量販店で働いていた時に、実際にあったトラブルです。

 
男「お!3か月前に契約したA社のキャッシュバックが振り込まれた!」
男「70,000円キャッシュバックだぜ!」
女「じゃあもう解約しちゃっていいんじゃない?」
男「むしろ他に乗り換えた方が儲かるね。」

 
家電量販店へ~
↓↓↓
 
男「ネット回線を契約したいんです。」
私「お住まいはマンションですか?それとも戸建でしょうか?」
男「マンションだよ。」
私「ならこちらのB社Aプランはどうでしょうか?」
私「今キャンペーン中でして10万円キャッシュバックです!」
女「これにしましょう!」
私「でもこれ色々とオプションがついてるんですよね。」
男「それでも構わないよ。」
私「わかりました。(本当に大丈夫かな・・・)」
男「あと今契約しているA社を解約したいんですけど。」
私「大変申し訳ないのですが契約3か月以内の解約だと違約金が発生してしまいます。」
男「え?いくらくらいとられるの?」
私「15,000円くらいです。」
男「別にいいよ。」
 
5か月後~
↓↓↓
 
男「キャッシュバック10万円貰ったはいいけど、何で毎月1万円以上請求来るんだよ!」
女「明細見てみるとよくわからないオプションがいっぱい入ってる!しかも違約金も含まれてる。」

 
そしてこの後、私はプロバイダの難しい料金体制や仕組みについて説明したわけです。
本人も短期解約と高額キャッシュバックはかえって損するという事を肝に銘じていましたね。

 

スポンサードリンク

 

短期解約はNG

OZPA89_danboruomottayatutochigau500
最近は何処も彼処も高額キャッシュバックで顧客を掴む戦略を行っている影響もあり、利用者の中には様々なプロバイダを転々としてキャッシュバックを貰い続けてる人もいます。

 
しかもこれは違法行為ではないので、月々の利用料金さえ支払っていれば全く問題ありません。むしろ2年毎に乗り換えした方がお得というのが現状です。

 
しかしなるべく避けた方がいいのがプロバイダの短期解約です。

 
携帯電話や保険なんかもそうですが、短期契約して得するものは殆どありません。大抵は違約金払って損するのがオチでしょう。

 
それどころか、短期解約を何度も繰り返しているといずれプロバイダ側に入会拒否されます。ちゃんと料金を支払っていてもです。

 
このようにプロバイダの短期解約で貰えるキャッシュバックには限りがあるので、一度契約したら最低2年は続ける前提で回線業者を選ぶようにしましょう。

 

高額キャッシュバックには罠がある

罠と書くと怒られちゃうかもしれませんが、基本的に7万円を超える高額キャッシュバックには何かしらオプション(余計なもの)がついています。

 
そのせいで一時的な高額キャッシュバックをもらっても月額料金が高くつくので、仮に7万円貰ったとしても24か月後には±0もしくはマイナスになっている事もあります。

 
なので高額キャッシュバックが欲しいときには、なるべく初期費用が無料or少なかったり、不要なオプションがついてない回線業者を選ぶようにしましょう。

 
もちろん当サイトでは損しない事を前提に回線業者を選定しているのでご安心ください。

 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます