光回線の速度比較




紹介料込みでのCB額を表記したプロバイダや代理店に注意!


このタイトルだと少々誤解を招く可能性があるので最初に言っておきますが、
紹介料込みでのCB額(キャッシュバック)の表記は悪いことではありません。

 
ただ、プロバイダや代理店によっては、通常のキャッシュバックと
紹介料がごっちゃにしてる所があり、その辺を理解せずに契約して
後々トラブルになったという方は少なくありません。

 
このページでは、光ファイバーにおける
紹介料+キャッシュバックの仕組みについて解説しています。

 

キャッシュバックが貰える仕組み

PPC_1manensatu4mai500
そもそも、なぜ光ファイバーを契約するだけで代理店は
私たちに高額なキャッシュバックをしてくれるのでしょうか?
知ってる人も多いでしょうが念の為です。

 
正解は、私たち消費者が光ファイバーを契約する事によって、
代理店らは提携している回線事業者(フレッツ光など)から、
仲介手数料(リベートとも言う)を貰えるからです。

 
私は過去に派遣として家電量販店に勤務していた経験があるのですが、
店頭での爽やかなイメージとは裏腹に、金銭に関する内情は真っ黒です。

 
「これお客様が知ったらブチ切れるだろうなー」
とか思う事ばっかりです。

 
優先順位の高い光回線の成約をとれれば、
普通にキャッシュバックで3万円を払ったとしても余裕の黒字です。

 
○○を成約したらいくら貰えるのか?とか具体的な金額は言えませんが、
どんなに少なくても、一件で数万円以上は支払われていました。

 
店頭販売でこれなんだから、ネットで契約をとってる代理店何かは
家電量販店のようなテナント料や人件費も殆どかからず、
利益率は相当良いのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

基本キャッシュバック+紹介料のタイプ

ではここからが本題となりますが、最近ネットでプロバイダや代理店の
お申込みサイトを見ていると、基本+紹介料型のキャッシュバック
行っているところをよく見かけます。

 
通常キャッシュバックは、追加する有料オプションの数に比例して
ボーナス金額が上乗せされる仕組みとなっています。

 

例としてフレッツ光を取り扱っている代理店は、
オプションなしの契約でキャッシュバック2万円。

 
そこから、ひかり電話をお申し込むと+5,000円。
更にひかりテレビ追加で+5,000円

 
代理店の指定オプションフルコースで契約すると
10万円キャッシュバックみたいに上がっていきます。

 
しかし、最近増えたのが、
オプション抜きの通常キャッシュバックは2万円だけども、
知り合いに同じ案件の紹介し契約してくれたら一人毎に追加1万円。

 
みたいなやり方です。

 
もしこれで友人4人くらい紹介し、契約して頂ければ、
オプション抜きでもキャッシュバック6万円くらい貰えるわけです。

 
この辺を理解しないまま、「最大○○万円キャッシュバック!」
という言葉に釣られてしまい、勘違いして契約してしまう人は割といます。

 
紹介すれば確実に契約してくれそうな友人がいるなら話は別ですが、
日本人は基本的に契約に関する紹介は嫌がります。

 
いくらそれが友人からの紹介だと言っても、
ちゃんと契約してくれる人はあまりいないでしょうね・・・。

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます