光回線の速度比較




プロバイダ契約はクーリングオフ可能なのか?


プロバイダ乗り換えで10万円キャッシュバックという広告を見て乗り換えたんだけど、
実際に乗り換えてみるとキャッシュバックを貰えるのは1年後だったし、何より前の
プロバイダよりもネットの切り替えがかなり遅くなった。クーリングオフしたい!

 
なんて状況あると思います。

 
私も昔、ららぽーとという商業施設のホールでやってるイーモバイルで
半強制的に契約させられた(断れない性格なんです)事があるんですが、
店員に聞いた話と実際の使用感が全然違うんですよね。

 
店員さんには、「動画も快適に見れるしこれからはモバイルルーターの時代ですよ」
と言われたんですが、実際に使ってみると外では普通に使えるのに自宅だと
動画はおろかネットサーフィンすら読み込みに時間がかかります。

 

当時は自分もプロバイダやネット関連の知識に疎かったので、感情のまま
愚痴をこぼしてましたが、今思うと自宅が偶々電波との相性が悪かっただけでしょう。

 
さすがにこれは返品しないとお金をどぶに捨てる事になる!と思い、
ネット通販で良く聞くクーリングオフというのが出来るかどうか聞いてみる事に。

 
その結果、この手の性質の商品はクーリングオフできないとバッサリ。

 
もちろん納得はいきませんでしたが、何も知らずに店員の勧めで契約してしまった
自分に落ち度があると反省し、少し高くつく勉強代として忘れる事にしました。

 
このような前例があるので、もし品質が原因によるプロバイダのクーリングオフを
求めてるなら、時間の無駄になるだけだと思うので諦めた方が良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

クーリングオフが認められる事もある

基本的にプロバイダなどのクーリングオフは法的にも認められません。

 
しかし、その契約に関する勧誘内容によっては、
クーリングオフではなく被害額の請求が認められます。

 
ただしこれは本当に稀なケースで、
実例よりも泣き寝入りしてしまう方のが多いくらいです。

 
ではどういう場合にクーリングオフ代わりの料金請求が出来るのか?
と言いますと、契約を担当してくれた人が話した毎月の利用料金と
実際の請求金額が大幅に異なる場合
などです。

 
例えば、必要のない不要なオプションを契約必須のオプションと偽り、
大量のオプションを付けて契約したり、割引で毎月3千円で維持できると聞いたのに
割引が適用されてなく5千円以上毎月請求された場合などが該当します。

 
逆に「毎月500円の支払いで維持が可能ですよ」と店員は説明したのに、
実際にはそれはプロバイダだけの料金であった。という場合は、
ただの聞き間違いや、理解不足を指摘されて終わりです。

 
ちなみにこれらの損害賠償が生じた場合、基本的にはプロバイダなどに
直接クレームを出せばきちんと対応してくれるそうです。
(私は直接クレームだしたことないのでわかりませんが)

 
もちろん大前提として、100%向こう側(もしくはその正規代理店)に
非がある場合に限りますけどね。

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます