光回線の速度比較




ドコモ光の光パックとauスマートバリューは何が違うの?


昨年、ドコモの決算説明会にて発表されたドコモ光。2015年2月からサービスがスタートするとのことで、ソーシャル上でもだいぶ盛り上がっているみたいですね。
 
私は昨年にNURO光に乗り換えてばかりなので、今のところドコモ光に乗り換える予定は特にありませんが、一応天下のドコモさんが始める新サービスとの事なので、既に発表されている範囲で色々と調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

ドコモ光とは何か

ドコモ光
ドコモ光というのは、NTT東日本ではなくNTTドコモが発表した新サービスの名称です。フレッツ光を引き合いに出すと少々ややこしい部分があるので、まずは”ドコモ光=携帯のドコモが始めた新サービス”と覚えてください。
 

サービスに魅力はあるの?

ドコモ光の主な魅力ポイントは画像に書いてある通り、「新料金プランをよりお得にする」「自宅が下り最大1Gbpsの高速通信に対応」「選択できるISPが多い」というところでしょう。
 
これを見てどう感じるかは人それぞれですが、私個人の意見としては、もうちょっと内容にインパクトが欲しかったかなとは思います。
 
自宅のネットが1Gbpsで使い放題というのは今や光回線の世界では当たり前の事ですし、選べるプロバイダが多いのもフレッツ光の特徴の一つです。
 
まぁ、ドコモ光と言っても、中身はNTTの回線網を使ってるだけなので、サービスの品質が同じになるのは当たり前の事なんですけどね。
 
ただ、あまりドコモ光を持ち上げすぎると、ドコモ光というサービスが「全く新しい光回線で凄く速い!」と勘違いしてしまう人も中には出てくると思います。
 
決してそんな事はありませんからね。宣伝の仕方次第では凄くハイスペックなサービスに見えるかもしれませんが、中身は普通のフレッツ光と同じです。
 
でも別にこれでいいんです。なぜなら、ドコモ光の本当の魅力というのは、サービスの品質でもスペックでもありませんから。
 

本当の魅力はセット割にあり

ドコモ光の本当の魅力。それは、ドコモの携帯を使っている人がよりお得になるシステムです。
 
ドコモの携帯を利用してる人が、自宅のネット回線をドコモ指定のサービス(つまりドコモ光)に乗り換えることで、ユーザーは大幅な割引を受けることができるわけです。
 
まだ料金プランすら正式に発表されていないため、現段階でサービスの善し悪しを決め付けるのは早い気がしますが、セット割前提で契約を取ろうとしてるみたいなので、他社を意識したそれなりに安い料金プランを設定してくると思います。
 

auスマートバリューと何が違うの?

まだ料金プランが発表されていないので評価をつけようが無いドコモ光ですが、考えてみるとKDDIのauスマートバリューと似てる気がしませんか?
 
一応ソフトバンクにもスマホBB割という対auスマートバリュー向けのサービスがあるのですが、これらのサービスとドコモ光には細かい点を除いて一つ大きな違いがあります。
 
それは、割引額が契約内容によって異なるということ。
 
auスマートバリューやスマホBB割なんかは、割引適用条件さえクリアすれば一律(約1,440円×台数分)で料金が割引される仕組みになっています。
 
しかし、ドコモ光は契約プラン(光シェアパック)によって割引額が異なります。毎月の維持費が高くなるプランで契約すれば割引額も高くなるし、安いプランだと割引額も少なくなる。
 
ドコモも企業なので利益重視なのは当たり前ですが、本当に上手くできてますよねぇ。
 
とにかくドコモ光については、料金プランに関する正式発表がないと評価はできないので、今はとりあえず詳細発表を待ちましょう。
 

追記

ドコモ光の料金プランが発表されました。
 
私個人の意見ではありますが、料金プランを見た限りでは、今現在契約している光からわざわざ解約金等を支払ってまで乗り換える必要はないと考えています。
 
料金プランの詳細はドコモの公式ページに細かく記載されていますのでそちらをご覧ください。
 
ドコモ光の料金プラン:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/
 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます