光回線の速度比較




フレッツ光とau光の比較!現状どっちがお勧めなの?


この記事では、フレッツ光とau光、2014年に開設(または乗り換え)するならどちらがお勧めなのかを比較しています。

 

初期費用

au
同一業者でプランの変更をするだけなら問題ありませんが、新たに回線を引く場合には、必ず初期費用が必要になってきます。

 
しかし、現状は両社とも初期費用とほぼ同額の入会割引キャンペーンを行っているので、初期費用に関してはどちらを選んでも大差ありません。

 
ただ、キャンペーンなどの割引無しで考えると、auのがかなり割高な料金設定となっています。

 

サービス名通信速度利用料金対応エリア申し込み
フレッツ光下り最大1Gbps【NTT東日本】
戸:5,100円~
集:3,450円~
【NTT西日本】
戸:4,310円~
集:3,030円~
全国フレッツ光
auひかり下り最大1Gbps戸:5,100円~
集:3,800円~
全国(一部を除く)auひかり
コミュファ光下り最大1Gbps戸:4,200円~
集:5,219円~
中部エリアコミュファ光
U-NEXT光01下り最大100Mbps集:2,980円~全国UNEXT光
NURO光下り最大2Gbps戸:4,743円~
集:1,900円~
関東エリアNURO 光
BBIQ下り最大1Gbps戸:4,400円~
集:3,800円~
九州エリアBBIQ
MEGA EGG下り最大1Gbps戸:4,500円~
集:3,500円~
中国エリアMEGA EGG
eo光下り最大1Gbps戸:2,953円~
集:2,524円~
関西エリアeo光
Pikara光下り最大1Gbps戸:4,500円~
集:3,400円~
四国エリアPikara光

 

 
ちなみにこれらの金額は全て税別の価格となりますので、増税後の場合は上記金額に8%の消費税が上乗せされます。

 

月額料金

回線業者初期費用登録費用備考
auひかり37,500円800円auひかり電話と同時のお申込みで初期費用と同額の37,500円が割引されます。
フレッツ光(NTT西日本)24,000円800円3月31日までのお申込みで初期費用の割引が適用されます。
フレッツ光(NTT東日本)24,000円800円5月31日までのお申込みで月額の利用料金から最大21,000円の割引が適用されます。(月額700円割引)

 

 
かなり高めな金額に見えますが、これは全て通常料金での表記となりますので、キャンペーンなどの割引も含めれば、実際はもっと安く維持することが可能です。

 
例えば、NTT西日本なんかは割引サービスが充実しているので、戸建の場合なら「どーんと割」が適用されるだけで5,400円が3,610円となりかなりお得です。

 
しかし、「もっともっと割」や「どーんと割」はこれだけお得に維持できる反面、途中で解約してしまうと約3万円の解約金が発生してしまうデメリットもありますので注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

料金面だけで見るとau光は高すぎる

正直au光は高いです。どちらのフレッツ光(NTT東日本と西日本)と料金を比べてみても、基本料金も高めの設定だし、キャンペーンなどの割引も少ないです。

 
しかしau光も、2012年に「スマートバリュー」というauのスマホユーザー限定の割引を導入しています。スマートバリューというのは、au光+電話+Auスマホで契約すると、2年間スマホの毎月利用料から1,410円が割引されるという仕組みです。

 
例えば、家族4人がauスマホを契約していた場合、au光と電話をセットで契約すれば、毎月1,410円×4台で5,640円のお得になります。

 
ただ、スマートバリューは光からではなく携帯料金からの割引となりますので、au光の料金が割引されるわけではありません。

 

結局お勧めはどっち?

ここからは管理人の意見が中心となりますが、料金関係を考慮すると、auスマホを2台以上契約している場合は「auひかり」、それ以外のユーザーはフレッツ光が無難だと思います。

 
やっぱり全体的に見てフレッツ光のが割引サービスも充実しているし、キャッシュバック金額も多いですからね。

 
それにau以外のユーザーがau光を契約する事によって得られるメリットは少ないと思います。

 

東日本の場合はau光のが有利な可能性

客観的に見たらフレッツ光のがお勧めですが、私が昨年千葉県市川市に住んでいた時に両社を利用した際は、auひかりのが速度も出てたし安定もしていました。

 
恐らくこれは住んでいる地域などにも関係してくると思いますが、もしかすると、東日本エリアに住んでいる方なら全体的にau光のが速度の面では有利かもしれません。

 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます