光回線の速度比較




NTT東日本のフレッツ光を解約する際の注意事項


フレッツ光を利用してる方の多くは、2年契約を前提とした
2年縛りで契約してるかと思います。

 
フレッツ光に限らずこの業界は、基本的に長期契約を見込める契約者には、
工事費の無償化やキャッシュバック、月額の割引特典など縛りなしよりも
優遇する傾向にあります。

 
契約後も解約する事がなければ何の問題もないのですが、
何割かの人は2年の継続契約をしないで他社に乗り換えます。

 
理想としては解約手続きをしてそれで終了なんですが、
現実はそう簡単に解約させてくれる訳もなく、
しっかりと違約金(解約金)を請求されます。

 
このページでは、フレッツ光のサービスを解約する際に
確認してもらいたい注意次項を説明しています。

 

にねん割の解約金

これは最近契約した方なら加入してる方が多いと思いますが、
2年間月々の利用料金から700円が割引されるサービスです。
(集合住宅の場合は月100円の割引)

 
にねん割は名前の通り、2年間の契約を前提とした割引サービスなので、
当然ながら中途解約すれば解約金が発生します。

 
以下はNTT東日本公式HPの「にねん割」に関する注意事項です。

 

利用期間の途中(利用期間満了月の翌月<更新月>を除く)でフレッツ光を解約された場合、「にねん割」の解約金(戸建て向けサービスの場合9,500円、集合住宅向けサービスの場合1,500円)をお支払いいただきます。
利用期間の途中で、戸建て向けサービスと集合住宅向けサービスの間でサービス変更される場合、解約金は更新月以降にご利用のサービスの金額に変更となります。

 
読んで頂ければわかると思いますが、戸建でにねん割を適用させてた場合、
9,500円の違約金が発生し、集合住宅での契約でも1,500円の違約金が発生します。

 
さすがに集合住宅の場合は、にねん割で月100円しか割引されてなかったので、
解約金も1,500円と戸建の6分の1以下となっています。

 

スポンサードリンク

 

工事費の残額一括払い

フレッツ光を契約した時、回線工事の業者が自宅に来たのを覚えてるでしょうか?

 
本来はあの時点で24,000円の工事費が発生してるのですが、
フレッツ光を長期契約する事を条件に、工事にかかる代金を
NTTが全て負担しています。(光は儲かってますから・・・)

 
※屋内配線の工程によっては9,600円で済む場合があります。

 
しかしこちらの都合で解約する場合、NTTも工事費の負担はしないので
当然残額分の請求は全て契約者にいきます。

 
以下公式HPの引用

 

分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合、初期工事費の残額を一括でお支払いいただきます。

 
ただし、最初に工事費を一括で払い終わってる場合は、
工事費に対する請求はないので、フレッツ光の解約で発生するのは
先ほどのにねん割の解約金となります。

 

プロバイダの違約金

契約しているプロバイダによっては、最低契約期間が設定されており
違約金が発生する場合もあります。

 
これはプロバイダによって大きく異なるので、
詳しくは契約中のプロバイダの公式HPでご確認ください。

 
他にも契約しているオプションによっては、さらに解約費用が増しますが、
基本的にはにねん割と工事費の解約金だけ把握しておけば大丈夫かと思います。

 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます