光回線の速度比較




FPSなどのネトゲにおすすめ!PINGが安定してるプロバイダー


最近はスマホ向けソーシャルゲームが流行ってるみたいですが、
パソコン向けのオンラインゲームの存在も忘れてはいけません。

 
私も過去にネトゲにはまった時期があるのですが、
マルチプレイヤーで行うゲームには、オフラインにはない楽しさがありましたね。

 
今はPS3や4が出てるので、オンラインゲーム自体は家庭用ゲーム機でも気軽に
遊べる時代になりましたが、当時はパソコンでしかネトゲを楽しめませんでした。

 
あれかもう数年経ちますが、一応今でもたまにFPSのネトゲをやる事があります。

 
FPSはたまにやると、ちょっとしたストレス発散効果があるのですが、
場合によってはかえってストレスが増す事があります。

 
その原因として挙げられるのが、PING値の影響によるラグです。

 
通信速度というのは高ければ高いほど良いものですが、
PINGの場合は高ければ高いほど通信が不安定になります。

 
なのでPINGに限っては、なるべく低い数値で安定してる方が良いわけですが、
かといってプロバイダを変えれば確実にPINGが安定するわけではありません。

 

スポンサードリンク

 

フレッツ光は全体的に駄目だった印象

au
これは私の場合ですが、基本的にどこのプロバイダを選んでも、
光がフレッツ光だとPINGは不安定でした。

 
もちろんエリアとサーバーの距離も関係してきますが、
少なくとも千葉県(東京の境目です)に在住の私の環境では、
フレッツ光のプロバイダーは軒並み全滅でしたね。

 
ちなみに利用した中で最もマシだと感じたのがplala(ぷらら)です。

 

当時FPSを試したプロバイダ

  • OCN
  • So-net
  • @nifty
  • BB.excite
  • BIGLOBE
  • plala
  • ASAHIネット

 

auひかりに変えてから絶好調

auひかり
その後はしばらくフレッツ光を継続しFPSをやっていたのですが、
やっぱり回線の影響で負けると段々イライラしてくるんですよ。
この感情はFPSをやってる人でないと分からないかと思います。

 
ちょうどその時です。

 
KDDIがauひかりという新サービスの提供を開始したので、
私もフレッツ光を1年以上契約していた事もあり思い切って
乗り換える事に。(プロバイダーは「au one net」を選択)

 
そしたらFPSでのラグが殆ど発生しなくなり、以前とは比べ物にならないほど
快適にFPSがプレイできるようになりました。

 
回線速度にしても以前より速く、何よりも大きいのが、
PING値が常時安定してくれた事です。さすがKDDIですよね。

 
でもこれは私の住まいが東京に近かった事も関係してると思うので、
auひかりに変えただけでFPSのラグが改善される保障はありません。

 
ちなみに私が試した環境は全て有線接続です。
どんなに高速で安定だとしても、無線である限り多少のタイムラグは必ず発生します。
なので快適なFPSライフを送りたいなら、必ず有線でプレイする事をお勧めします。

 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

1 件のコメント