光回線の速度比較




大手なのに情報が少ないhi-ho(ハイホー)プロバイダの評判


hi-ho(ハイホー)は、インターネットイニシアティブ(通称IIJ)グループの
ハイホー社が運営するプロバイダです。

 
本来はそれなりに知名度があってもおかしくない会社なんですが、
私の友人含め、意外と知らない人が多いんですよね。

 

hi-hoの評判

hiho
hi-hoは元々パナソニック(旧松下電器)系列の会社です。

 
元NECグループだったBIGLOBEと同じように、本来ならそれなりに有名なプロバイダであるはずなんですが、なぜかhi-hoはそれなりに大手なのに知名度が低いです。

 
以下は大手口コミ投稿サイトを参考にした満足度のレーダーチャートですが、実際の利用者による評判はどうなんでしょうか。

 
hiho1
利用者が比較的少ない分口コミなども少ないですが、全体的に見て評判はあまり良くないみたいですね。

 
回線速度はお住まいのエリアに依存する為、基本的に他人の情報はあてにならないのですが、hi-hoの口コミを見た限りでは全体的に見て「速い」という印象は伺えませんでした。

 
管理人もhi-hoは利用した事がないので、実際の使用感というのは分かりませんけどね。

 

スポンサードリンク

 

利用料金やキャンペーン内容

hi-hoのプロバイダ利用料は、他社と比較しても少々高めの890円~です。
900円~のOCNやBIGLOBEよりは若干安い料金設定ですが、月500円台で提供してる
BBエキサイトやGMOとくとくBBと比べると、どうしても高く感じてしまいます。

 
ただ、その分hi-hoはフレッツ光の契約特典として、毎月のプロバイダ利用料を
大幅割引してくれるキャンペーンを行っています。

 

hi-ho光withフレッツプラスコースの場合
【ファミリー向け】

  • フレッツ光開通月無料
  • 2~36ヶ月の利用料金が毎月450円

【マンション向け】

  • フレッツ光開通月無料
  • 2~36ヶ月の利用料金が毎月450円

 
hi-hoは二段階定額と通常の定額制プランを分けているのですが、
上記は完全定額プランの場合の特典内容です。

 
マンションタイプでも十分割引額は大きいですが、元のプロバイダ料金が
月1,200円の戸建タイプの方が割引率が5割以上と大きくお得ですね。

 

出張の多い方には二段階定額がお得

出張に限らず、「hi-hoに乗り換えてもネットをあまり使わないかもしれない。」
といった場合には、従量制の「hi-ho光 with フレッツプラスライト」がお勧めです。
従量制なので、殆ど自宅にいなかった月は料金もかなり安くなります。

 
しかし、その分従量制で人一倍使ってしまうと、
通常の定額制よりも高くついてしまうのでその辺は注意が必要です。

 
>>hi-hoはこちら

 

hi-hoは以下の人におすすめです

  • キャッシュバックよりもプロバイダ利用料を安く抑えたい方
  • 完全定額ではなく二段階定額制のプランをお考えの方

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます