光回線の速度比較




フレッツ光のプロバイダだけ乗り換える方法とその注意点


何回かプロバイダを契約していると、徐々にどこのプロバイダが良くて、
どこが悪いのかが何となく分かるようになると思います。

 
特にフレッツ光なんかは、契約するプロバイダによって回線の安定性や
利用料金まで変わってきますからね。

 
このページでは、光回線のプロバイダだけを違う会社に乗り換える際の注意点と、
お得なキャンペーン情報を簡単にまとめています。

 

違約金の確認

まず最初に確認する必要があるのが、現在契約中のプロバイダは
契約期間内に解約しても違約金は取られないのかどうかです。

 
多くのプロバイダでは、契約期間内にサービスを退会した場合、
5~10,000円くらいの間で違約金が発生するようになっていますので、
解約前に必ず確認をとっておきましょう。

 

乗り換える方法

乗り換える方法だなんて書いていますが、実際やる事はプロバイダお申込みページで
【フレッツ光は既に引いてあるので工事は必要ない】の選択にチェックを入れるだけです。

 

大抵のお申込みページでは以下のようなメニューから選択するようになっています。
1.フレッツ光を既に開通しているので工事は不要
2.フレッツ光が開通していないので工事が必要(東日本)
3.フレッツ光が開通していないので工事が必要(西日本)

 

スポンサードリンク

 

プロバイダだけの乗り換えでお得な特典をゲット

多くの方は、この手の特典(キャッシュバックや割引)を受け取るには
プロバイダと光回線をセットでお申しまなければいけないと勘違いしていますが、
実際は既にどちらかを契約してる場合、片方だけを乗り換える事は可能です。

 
今回の場合は、【フレッツ光×OCN】から【フレッツ光×ソネット】にするイメージです。

 
最近はプロバイダもスマホのMNPキャッシュバックと同じで、
乗り換え特典を確認してから契約する人が増えてます。

 
キャンペーンを打つ側からしたら大変な事ですが、我々消費者からしたら
同じメリットをよりお得に得られるなんて凄く有難い事ですよね。

 

プロバイダの乗り換えならGMOとくとくBBがお得

月額利用料 マンションタイプ:530円~、ファミリータイプ:760円~
キャンペーン内容 プロバイダ利用料最大6か月間無料
フレッツ光の新規お申込みで3万円キャッシュバック

 
GMOとくとくBBはマンションタイプなら毎月の利用料が530円で抑えられます。
さすがに業界最安値のBBエキサイトには及びませんが、それでも毎月900円以上かかる
プロバイダがある中、月530円で利用ができるというのはかなり良心的です。

 
一応プロバイダの乗り換えだけでも利用料無料キャンペーンは適用されますが、
仮にフレッツ光が開通してない場合にはとくとくBBからフレッツ光を申し込む事で、
キャッシュバック3万円を貰う事も可能です。

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

1 件のコメント