光回線の速度比較




通信費を節約したいなら、まずはインターネット料金を見直しましょう


月々の通信費って高いですよね。

 
普通のインターネット料金だけでも高いというのに、
ここ数年でスマホが急激に普及した影響もあり、
余計なスマホの利用料金までかかるようになりました。

 
驚くのが、世間のご家庭では自宅の固定回線の料金よりも、
月々に携帯会社に支払ってる料金のが高いという調査結果です。

 

スマホ料金が家計を圧迫している

スマホ
何でも、スマホの利用料金で最も多いのが6~7千円で、
凄い人だと1台で月1万円以上払ってる人もいるんだとか。

 
これって凄く勿体ない無くないですか?

 
自宅の固定回線(フレッツ光など)はネット使い放題で月5千円ですし、
プロバイダ料金等を含めても月6千円もあれば十分です。

 
なのにスマホは、たった一台で月6千円以上は当たり前、
しかも使いすぎたら速度制限がかかる設定になっている。

 
私は基本的に「ぼったくり」という言葉は好きじゃないのですが、
携帯会社のプランに限っては、ぼったくりと言わざるを得ません。

 
だって、私が現在契約しているNURO光という光ファイバーは、
光電話込みで月々5千円ちょっとの請求額です。

 
使い放題で高速通信が可能な自宅の固定回線よりも、
携帯料金のが高いってどう考えてもおかしいです。

 
と、これ以上愚痴を言っても節約にはならないので、
まずは携帯料金を下げる方法についてご説明致します。

 

スポンサードリンク

 

不要なオプションを全て解約

捨てる人
これはスマホ料金節約術の基本中の基本ですが、
携帯ショップ店員さんの巧みな話術に釣られて
不要なオプションを複数契約してる方が多いです。

 
しかも、この手のオプションというのは大抵月額課金制なので、
1個だけでも月300円で、10個も契約してれば少なく見積もっても
月3千円は高くついてるはずです。

 
なのでまずは、契約している携帯キャリアに足を運び、
はっきりと店員さんに「不要はオプションを全て外したい」
と申し出ましょう。

 
ちゃんと解約しない限り、
いつまで経っても相手の思うツボですので。

 

スマホと光のセット割引を適用する

267
スマホの料金だけでは、削るのに限界があります。

 
そんな時におすすめな節約方法となるのが、
スマホとネット回線のセット割引なるサービスです。

 
例えば私のお気に入りであるNUROは、関東エリア限定となりますが、スマホBB割を適用する事によりソフトバンクスマホの毎月料金が1台につき大体1,500円ほど安くなります。

 
もしソフトバンクのiPhoneを4台契約してる家庭なら、
スマホBB割を適用することで、月の通信費が大体6千円ほど
安くなる
という仕組みです。

 
ちなみにNUROはソフトバンクと提携してるので
ソフトバンクスマホ限定となりますが、auスマホの場合は
auひかりに加入する事で同等のサービスを受けれます。

 
※auひかりの場合はauスマートバリューというサービス名になります。

 
残るはドコモスマホとなりますが、
残念ながら現状ドコモスマホと固定回線の割引サービスはありません。

 
しかし、近いうちに同等のサービスを行うと発表してるので、
早ければ年内中にも詳しいプランが発表されるかと思います。

 
通信業界の要となるNTTが、今後どのような展開をしていくのか?
気になるところです。

 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

1 件のコメント