光回線の速度比較




大手プロバイダの月額料金を比較してみました


プロバイダの月額料金って何の為に払ってるのかわからない。
って人は多いでしょうね。

 
私自身も、ネット関連の知識が今よりも疎かった頃は、
「フレッツ光のネット料金だけなら5千円くらいで済むのに・・・」
と愚痴をこぼしてた時もありました。

 
しかし、プロバイダが月1,000円程度の料金を取ってるのには、
接続IDやセキュリティ、サポートなどの重要な役割を担うからであり、
ただ蜜を吸って楽をしてるわけではありません。

 
とは言っても、光回線の料金自体が高いので、
プロバイダの方はなるべく安く抑えたいと思うのが普通です。

 
このページでは、大手プロバイダの月額料金について比較しています。

 

スポンサードリンク

 

大手プロバイダの料金比較表

 
プロバイダ料金
フレッツ光のプロバイダ料金は大体こんな感じです。

 
ただ注意して頂きたいのが、表記している最低月額料金は集合住宅の場合での計算です。

 
戸建でお申込みの場合は、若干ですが料金が高くなります。

 
でもこうしてみてみると、格安プロバイダのBBエキサイトをご紹介でも書いているように、月額料金に限って言えばBBエキサイトが一番安いですね。

 
最低月額料金が一番高い@nifty(950円~)のほぼ半分なんですから。

 
ただ、私の経験からしてみると、比較的高めの料金設定の
プロバイダの方がキャンペーン内容も充実してる気がします。

 
例えば、当サイトでよく出てくるソネットやビッグローブは、
月額料金は高くても契約特典で高額なキャッシュバックを行っています。

 
でもBBエキサイトの場合は、月々の利用料が安い上にキャッシュバックを行っているので、やはり安さで言えばBBエキサイトに軍配が上がるかもしれません。

 

選び方

月額料金の安さを重視するなら「BBエキサイト」で良いですが、
サポートやセキュリティを重視するならSo-netかBIGLOBE辺りが良いです。

 

auひかりは計算しやすい

 
見て分かる通り、上記はフレッツ光に対応したプロバイダの比較ですが、
やっぱりISP毎に料金が変動するというのは複雑ですよね。

 
その点auひかりは、サービス利用料の中にネット料金、プロバイダ料金、
機器レンタル料の全てが一律となっているので、料金体制を把握しやすいです。

 
料金体制等の詳細は以下のページが参考になるかと思います。
【auひかりを契約の方におすすめしたいプロバイダー】

 
例えば、auひかりギガ得プラン(戸建)だと、
上記3つの料金が込みで5,200円になります。(光電話のオプションは別)

 

NURO光は一社のみ

 
NURO光に対応しているプロバイダは、2014年5月段階ソネットのみとなります。

 
基本的にはNUROもauひかりと同じで、G2V(2年縛り)だと
月額4,743の中に上記3料金が全て入っています。

 
ただ唯一ネックとなるのが、対応エリアが関東限定という事でしょう。

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

1 件のコメント