光回線の速度比較




ソフトバンクiPhone5/5sの携帯料金を安くする簡単な方法


今ソフトバンクスマホを利用してる方は非常に多いと思います。

 
中でもアップル社のiPhoneを契約してる人は本当に多いです。
都内を歩いてると3人に1人くらいの割合でiPhoneですし、
複数人全員がiPhoneを持ってるなんて事もよくあります。

 
確かにiPhoneはケースなどのアクセサリーが豊富だし、
利用者が多いので何か分からない点は検索すればすぐに解決できるので、
今でも日本で圧倒的人気がある理由も分かります。

 
しかし、唯一のデメリットとして挙げられるのが携帯料金の高さです。

 
これはスマホを利用している以上仕方のない事でもあるのですが、
中には殆ど携帯を使ってないのに毎月5千円以上を支払ってる人もいるはずです。

 
LTEを毎日使いまくってるなら文句ないでしょうが、
専業主婦などiPhoneをあまり外で利用しない人からしたら、
使ってもない通信費に毎月5千円以上を払うのは馬鹿らしいですよね。

 
このページでは、ソフトバンクiPhoneの携帯料金を安くする方法を紹介しています。

 

一番安く済むのは格安SIM

千円
iPhoneに限らず、携帯料金を一番安くおさえる事ができるのは
格安SIMを使った場合です。

 
月額1,000円未満の格安SIMを利用すれば、
iPhoneの月額料金を2,000円未満におさえる事は容易です。

 
しかし、この方法を使うにはSIMフリー版と呼ばれる
SIMロックが解除されてるiPhone(海外販売)が必要になります。

 
日本のiPhoneユーザーの大多数がソフトバンク、KDDI、ドコモでの
契約だと思うのでデータ通信SIMを利用する事はできません。

 
日本の携帯キャリアから販売されてるiPhoneは、
そのキャリアでしか使えないようにSIMロックが掛かっています。

 

料金プランを変更する

N112_nayandahyoujyou500
こちらがこの記事の本題です。

 
料金プランを変更するだけなら、ソフトバンクショップに足を運びさえすれば、
誰でも確実に携帯料金を安くする事ができますしね。

 

パケット定額は本当に必要か?

ソフトバンクiPhoneの料金プランは、主に「S!ベーシックパック」+
「基本料金プラン」+「インターネット料金」
の3つで成り立っています。

 
ただ、S!ベーシックパック(月額300円くらい)は、
加入必須のサービスなので外すことはできません。

 
となれば、削れるのは基本料金プランとインターネット料金になるわけですが、
ここで一つ考えてみてください。

 
あなたは月にどれくらいパケット通信をしていますか?

 
外で動画もよく見るし、検索だって色々するという場合には、
定額プランを外す事はお勧めしません。(通信量が多いほど料金が課金されていく為)

 
ですが、家にいる事が殆どでWIFIしか使わなかったり、
外でも殆どネットを使ってないなら、パケット定額の「パケットし放題フラット」から、
課金型の「パケットし放題」に変更した方が月額料金も数千円安くなります。

 
詳しい料金などはソフトバンク公式を参考にすると良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

基本料金プランは下げない方が良い

大多数の人は「ホワイトプラン」に加入してると思いますが、
基本料金プランはそのままで結構です。

 
料金という点では「タイプXにねん」のが安いのですが、
これに変更すると月月割が適用されなくなるので、
絶対に外さないようにしてください。

 

不要オプションを外す

知らず知らずに有料オプションに加入してたという方は多いです。

 
でもフォトビジョン、アップルケア、みまもりケータイ以外のオプションは、
基本的に2年間契約する必要はないので、契約後半年とか経ってる場合には
すぐに解約しましょう。

 
そして今回紹介した通りに料金シミュレーションすると、
iPhoneの携帯料金が一番安い時は以下のようになります。

 

基本料金:ホワイトプラン(934円)
必須サービス;S!ベーシックパック(300円)
ネット料金:パケットし放題 for 4G LTE(2,000~6,200円)
=3,234円(税抜)

 
本体分割払いの場合にはその分が上記料金に上乗せされ、
一括払いの場合には月月割分が割引されます。

 
以上が、ソフトバンクiPhoneの携帯料金を安くする方法です。

 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます