光回線の速度比較




過去に利用したプロバイダの通信速度をランキングにしてみた


ネット回線を自宅に引く事において、プロバイダ選びはかなり重要です。

 
長期間契約するものですからね。
これを適当に選ぶと、後々トラブルの原因になり兼ねません。

 
このページでは、プロバイダ選びの参考になるように、
私が過去に利用した会社を通信速度順のランキング形式に発表しています。

 

スポンサードリンク

 

通信速度ランキング

以下のランキングの見方としては、左から順にプロバイダ、サービス名、
私の環境で記録した最高通信速度となっており、括弧内は理論値上の最高通信速度です。

 

  • So-net×NURO光=700Mbps(下り最大2Gbps)
  • au one net×auひかり=180Mbps(下り最大1Gbps)
  • So-net×auひかり=140Mbps(下り最大1Gbps)
  • @nifty×フレッツ光=80Mbps(下り最大200Mbps)
  • BIGLOBE×フレッツ光=65Mbps(下り最大200Mbps)

 
速度測定を一度も行わなかったプロバイダもあるのですが、
私の環境ではこの順番で通信速度が速かったです。

 
NURO光は今現在プロバイダがソネットしかないので比較しようがありませんが、
auひかりの場合はどこのプロバイダでも安定した速度が出ていました。

 
そして一番通信速度が気になったのがフレッツ光で、
契約するプロバイダによって面白いほど通信速度が変わるんですよ。

 
良いプロバイダに当たれば、通信中にネットが途切れるなんて現象は起こらないのに、
悪いプロバイダに当たると、通信速度は遅いわネットは途切れるはで散々でした。

 
どこの会社のが悪かったのかについては、今回は伏せておきますが、
少なくともプロバイダに限っては地元にある小さい会社とかはお勧めできません。

 
やはり日本中で利用可能な大手のプロバイダ、
もしくは電力会社が運営してるところを選ぶべきです。

 
エネルギア・コミュニケーションズのMEGA EGG何かは、
中国地方のプロバイダでありながら、ネットでもよく聞く名前です。

 

電力会社のグループ会社が運営するプロバイダ
北海道電力系列:HOTCN
関西電力系列:eo
九州電力系列:BBIQ
四国電力系列:Pikara
中国電力系列:MEGA EGG

 

通信速度は当てにならない

ここまで書いておいて言うのも何ですが、
ネット回線において通信速度はお住まいのエリアによって大きく異なります。

 
私がNURO光で700Mbpsを記録したからといって、利用者全員が同じ通信速度を
実現できるかと言ったらそうではありません。なのでこのような通信速度というのは、
あくまで参考程度にご覧ください。

 
ちなみにNURO光に関しては、関東エリア限定で提供している分多くの環境で
数百Mbpsという数値を記録してるので、関東の方なら一度試す価値有りです。

 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます