光回線の速度比較




KDDI夏モデルのスマホではWiMAX2+が無料で使えるぞ!


今年も早い事に、気づけば夏モデルのスマホが発表される季節となりました。

 
私も数年くらい前までは、携帯キャリアの新製品発表会を常に楽しみにしていたんですけどね。
最近はどこのメーカーもライバル社との差別化に行き詰ったのか、端末のスペックアップくらいしか
見どころが無くなったような気がします。

 
ただ今年は、ちょうどKDDIからWiMAX2+に対応した夏モデルのスマホが出ると聞いたので、
偶にはプロバイダの話題から離れて、WiMAX2+に関する記事でも書こうと思った次第です。

 

WiMAX2+対応スマホは5機種

今回KDDIが発表した夏モデルの中でWiMAX2+に対応しているのは以下の5機種。

 

  • isai FL / LGL24 / LGエレクトロニクス
  • XPERIA ZL2 / SOL25 / ソニーモバイル
  • GALAXY S5 / SCL23 / サムスン電子
  • AQUOS SERIE / SHL25 / シャープ
  • URBANO / L03 / 京セラ

 
※端末の詳しいスペックや本体画像などはau公式HPにてご覧ください。

 
端末のラインナップに関しては、昨年同様毎年同じ顔ぶれですが、
夏モデルをこれだけWiMAX2+に対応してくる所を見る限り、KDDIは今年の
夏商戦に向けてWiMAX2+対応機種を急いで取り揃えた感じですね。

 

スポンサードリンク

 

WiMAX2+の利用料金は無料

携帯に詳しい人なら覚えてるかと思いますが、数年前にKDDIが発売した
初のWiMAX搭載スマホであるHTCのEVO WiMAXというスマホでは、+WiMAXという
追加オプションを申し込む事でサービスを利用できる仕組みでした。

 
しかし今回は、KDDIも気合いを入れているのか利用料を取らない、
つまり無料でWiMAX2+を利用できるという事です。

 
4G LTEと組み合わせれば、更にネットワークの可能性が広がりますし、
通信速度に困る事が殆どなくなりそうです。

 

条件は制限付という事

これさえ無ければ完璧だったんですが、スマホで使えるWiMAX2+には、
ヘビーユーザー対策の7GB制限が適用されます。

 
なので動画見まくったり、大容量データを頻繁に扱うヘビーなユーザーには、
今回の夏モデルはあまり意味がなかったりします。

 
もっとも、本当に恐ろしいほどネットを使う方は光回線も契約してると思いますが。

 

WiMAX2+(通常)の魅力

WiMAX2+の魅力はこちらのページでも書いた通り、
モバイルインターネットの中ではトップクラスの高速通信であるのにも拘わらず、
基本的に7GB制限(帯域制限)がないという事です。

 
もちろん、ファイル共有ソフトなどを使い常識外れな通信をした場合には、
大幅な速度制限がかけられますが、普通に使ってる分には殆ど制限なしに使えます。
(3日で3GBを超えたら制限がかかります。)

 
モバイルルーターと聞くとどうしても遅そうな印象をお持ちの方は多いですが、
今のモバイルルーターは昔と違ってかなりハイスピードです。時折ではありますが、
光回線を凌ぐ速度を記録する事だって珍しくありません。

 
そのモバイルルーター市場の中でも、圧倒的な人気を誇るWiMAX2+が今回
auのスマホに対応してくれるんだから有難い話ですよね。

 

スポンサードリンク




世界最速インターネット「NURO光」

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます