光回線の速度比較




光回線で一番安いインターネット料金なのはどこですか?


「スマホも光もインターネット料金は高すぎる。
かと言って、今の時代インターネット無しの生活は考えられない。
せめて、インターネット料金を一番安く下げたいのですが
どうすればいいのでしょうか?」

一番安いインターネットはADSL

上記のような質問を頻繁に見るのですが、「一番安いインターネット」という
観点にだけ絞るなら、一番安いのは確実にADSLです。(光回線じゃないのはおいといて)
 
しかし、ADSLは環境にも依存するのですが基本的にかなり遅いです。
偶々基地局との距離が絶妙の位置に自宅があった場合はラッキーですが、
そうでなかった場合は常に混雑状態の回線を使う事になります。
 
「通信速度とかは全く気にしない。遅くてもネットさえ接続できればいい」
という場合には、ADSLが一番安いインターネットなのでADSLを契約すると良いです。
 

スポンサードリンク

 

光回線とADSLで悩んでいる方

まず前提として、光回線ってだけで料金は高いです。
 
もし現在月額1,000~2,000円以内で維持できる光回線を探してると言う場合は、
これ以上探しても時間の無駄なので、光は諦めてADSLにするなどした方が良いでしょう。
 
また、他にもソフトバンクユーザー限定で格安維持が可能な
ソフトバンクホワイトBBというサービスも存在するので、
SBユーザーはこちらも検討してみると良いでしょう。
 

とにかく料金の安さを重視する方

この場合は、光回線とプロバイダ料金の合計が一番安いところを選ぶわけですが、
現状知名度があり、全国的に光を提供してるのはフレッツ光のみです。
 
月額料金だけを見てこの2社よりも安く提供してる業者は多く存在しますが、
インターネット料金が安くなるほど通信速度の上限も下がります。
 
中部エリア限定のコミュファ光も、通信速度の上限が低くなるほど料金も安く、
一番安くすると下り最大30Mbpsという通信速度になってしまいます。
 
ですので、インターネット料金を安くすれば当然最大の通信速度も下がっていく。
これは予め把握しておきましょう。
 

光開通までの初期費用について

では次に、ADSLではなく光回線を選んだ場合の初期費用について
少し考えてみましょう。
 
まず自宅にネットを開通させるためには、回線を通す工事をしなければなりません。
当然専門の業者が取り付け工事をしにくるわけなので、タダではなく工事費用(初期費用)というものが発生します。
 
初期費用の料金は契約する光によって異なりますが、大体3~4万円くらいが相場です。
 
「え?高っ!!!」
 
と思わず声をあげた方もいるかもしれませんが、この料金に関しては大体どこも2年契約を前提とした割引で実質タダ同然にしてくれるので心配はいりません。(もちろん例外もあるので注意!)
 

快適を守りつつインターネット料金を安くする

私が定めてる(勝手にですが)快適の基準は、ストレスなくページが切り替わり
動画のストリーミングもカクカクにならない事が条件です。
 
そうなると、ある程度の快適性を守りつつ一番料金が安くお得なのは
NTTのフレッツ光
になります。
 
NTT東日本のフレッツ光はマンションタイプならプロバイダ込で3,450円~ですし、
西日本の方もプロバイダ込で3,430円~となっています。
 
これにキャッシュバックや割引サービス等がつけば、トータル的に見てフレッツ光が一番安いインターネット料金となります。
 
ちなみに現時点で一番安いプロバイダはBBエキサイトの月500円なので、なるべくプロバイダ料金は安く済ませたい方は、BBエキサイトでの契約が一番安く済むのでお勧めです。
 
※ひかり電話等のオプションに加入すると料金も上がるので注意。
 

モバイルルーターという選択肢

近頃アウトドア派な人や、一人暮らしで殆ど自宅にいない大学生などに人気があるのが、
WiMAXやポケットWiFiを中心としたモバイルルーターです。
 
これらは回線工事が必要なかったり、利用料金も光よりずっと安いので最近利用者が増えています。
 
もし、そのようなルーターでも問題ないというのであれば、一度UQ社のWiMAXか
イーモバイル社のポケットWiFiの方も検討してみると良いでしょう。
 

戸建てならNURO光もおすすめ

関東エリア(一都六県)にお住まいの方限定にはなっちゃうのですが、NURO 光に乗り換えるのも一つの手です。
 
NURO光は世界最速2Gbpsの高速通信が売りの光サービスです。
ハイスペックなので当然維持費も高くなる・・・と思いきや、利用料は月額4,743円~と意外にもリーズナブルだったりします。
 
もし今のネット料金が月6千円以上なら、NURO光に乗り換えたほうが維持費が安くなる可能性が高いので、興味があれば一度NURO 光公式サイトにてご自宅がエリア対応しているのかチェックしてみると良いでしょう。
 

スポンサードリンク




この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます