ドコモのSIMロック解除条件が緩和!中古スマホも対象に

どうも、うりぼうです。

SIMロックって嫌ですよね。キャリア以外誰も得をしないこの最低の仕組みが今日大きく変わります。なぜなら、ようやくドコモが重い腰をあげてくれたからです。

なんと、2月20日をもって、今までドコモ契約者本人しか受け付けてもらえなかったSIMロック解除が本人以外の人でも可能になりました。

新たにSIMロック解除の対象となるのは?

今回新たに追加されたSIMロック解除の対象となるのは、知人や友人から譲渡された端末と端末ショップで購入した中古端末で以下の条件を満たすもの。

  • 利用制限等のロックがかかっていないこと
  • 端末購入サポート適用日から100日以上経過していること
  • 分割払いの場合はその契約日から100日以上経過していること

SIMロックの解除方法は今までと同じでドコモショップかドコモオンラインで申し込むことが可能ですが、ドコモショップだと解除手数料として3,000円を徴収されるので、手数料を取られたくない人は、無料のドコモオンラインで解除の申し込みをすることをおすすめします。

中古スマホの流通拡大に期待!

少し前、政府が中古スマホの流通拡大を理由に大手キャリアに対し中古スマホのSIMロック解除を義務付けてばかりなので、今回の改定はそれに従うためのものでしょう。

ここ数年のスマホ価格の高騰は異常ですからね。数年前まではハイエンドモデルですら1台7万円程度で買えたのが、今やミドルレンジクラスがこの価格、ハイエンドだと10万円超えが普通で、iPhoneやGalaxyの中には15万円近いモデルも多数存在します。

中古スマホという新たな選択肢が加わったことによって、経済的に新品スマホを購入するのが厳しいユーザーでも、スマホを持ちやすくなるのではないかと思います。

「経済的に厳しい人はスマホ持つな!」って声もたまに聞きますけど、小学生ですらスマホ持ちが珍しくない今の時代、お金ないからスマホ持つなはさすがに厳しすぎますね。

借金して最新のiPhoneを買うとかなら話は別ですが、SNSやちょっとしたゲームができる程度のスマホは、経済的余裕関係なく持っておくべきです。

SIMロック解除してある中古スマホを買うべき

ドコモが今回SIMロック解除の幅を広げたことは評価できます。しかし、それでも一般の人とってまだSIMロックって言葉自体があまり浸透してないんですよね。

僕の周りの人間に聞いてみても、20,30代くらいの人は結構知ってる人も多かったですが、40代以上の人に聞くと、知らない人の方が圧倒的に多かったです。(SIMカードすら知らない人もいた・・・)

下手に仕組みも理解せずにSIMロックされた中古スマホを買って解除の方法とかで悩むくらいなら、最初からSIMロック解除された中古スマホを買った方が良いです。

僕も白ロムスマホをメルカリやラクマで買うこと多いですけど、SIMロックが解除されていないスマホは絶対に買わないし、中古スマホをSIMロック解除できるようになった今後も、あえてSIMロックされたスマホを買うことはないでしょう。

ちなみに2月20日の時点で個人的におすすめの白ロムは、サムスンオッケーな人ならGalaxy S9、ファーウェイオッケーな人ならP20 Pro、どちらもダメならiPhone7/8、安さ重視ならXperia XZですかね。