どうも、うりぼうです。

関西圏の光ユーザーに朗報です。ケイオプティコムが展開するeo光が最大10Gbpsへの対応を発表しました。

一般的な光の理論値上の通信速度は下りが1Gbps(最近は2Gbpsも増えてきたけど)なので、数値上は従来の10倍高速ということになります。

現在日本国内で10ギガ回線と言ったら、ソニーネットワークコミュニケーションズのNURO 光が知られています。しかし、eo光が10ギガサービスの提供を開始することで、今後は10ギガ回線の競争も激化するかもしれませんね。

10Gbpsに加えて5Gbpsのコースも発表されたので、そちらも含めてご紹介します。

eo光ネット10ギガ/5ギガコースのサービス内容

10ギガコース 5ギガコース
対象サービス eo光ネット「ホームタイプ」「メゾンタイプ」
通信速度 10Gbps 5Gbps
月額料金 6,432円~ 5,914円~
ルーター 10G/5G対応ルーター
有線機能:0円/月、無線機能:96円/月(12か月間無料)
提供エリア 大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井の一部エリア
申し込み開始日 2019/03/01(金)~
提供開始日 2019/04/01(月)~

10ギガも手ごろな料金体制になってきた

従来の光回線と比べると、10ギガコースの月額料金は若干高く感じると思います。特にマンションだと月額2千円くらいで維持できるところも多いですからね。

ただ、上に書いてある料金はあくまで割引前の料金です。二年縛りが条件にはなりますが、実際の契約では以下の割引が適用されます。

  • 即割:二年間月額料金から95円割引
  • 高速割:二年間月額料金から400円割引
  • eo暮らしスタート割:最大一年間月額料金から2,000円割引

これらの3つの割引を含むと、10ギガコースが月額3,937円(税別)、5ギガコースは月額3,419円(税別)から維持が可能です。

10ギガ回線を月額4千円ちょっとで使えると考えたら安いと思いませんか?

NURO光が10ギガサービスを日本で初めて展開した時は、エリアは狭いし料金も月額1万円前後とかなり高めだったので、当時と比べたら割引前の6千円でも十分安いと思います。

ちなみにこの割引価格はずっと継続されるわけではありません。

上で書いた通り、eo暮らしスタート割は最大で1年間、高速割も二年間限定の割引です。この期間を過ぎてしまったら料金は高く(正しくは元に戻るだけど)なるので注意してください。

1ギガ以下のコースから乗り換えるべきか

10ギガサービスが提供エリア外の人は諦めるしかありませんが、提供エリア内に入ってしまった場合は悩みますよね。

僕が選べる立場なら、10ギガと聞いた時点で迷うことなく乗り換えますけど、一般の人からしたら、「10G凄いよ!」って言われてもいまいちピンとこないだろうし、積極的に乗り換えようとはならないですよね。

eo光には1ギガ以下のコースも複数ありますが、今のネット環境に不満がないなら、1無理に10ギガが新しいサービスだからって飛びつかなくても良いと思いますよ。

逆に回線品質で強い不満を感じているなら、10ギガコースで改善される可能性もあるので乗り換えましょう。

あと5ギガと10ギガのどちらを選ぶべきかという点については、僕は10ギガを選ぶべきだと思います。

5ギガと10ギガで毎月の料金差が何千円もあるなら話は別ですが、500円程度の差なら10ギガを選んだ方が絶対に良いです。

大は小を兼ねると言いますし、スマホのストレージ(本体容量)でも、小容量を買っても困ることはあっても、大容量を買って困ることはありません。

そもそも、5ギガでも十分高速なんですけどね。ただ、500円差で10ギガになるならそっち方が良くね?っていう・・・。まぁ、強制じゃないので最終的な判断はご自身でお願いします(笑)