どうも、うりぼうです。

2月末から3月1日までの数日間、アマゾンのセールがありました。

アマゾンのセール自体は月に数回はやってるんじゃないか?ってくらい頻繁に開催してるので珍しくはないですが、今回のセールでは僕が前々から欲しかったFire HD 10が3割引きで販売されてたので思わずポチっといっちゃいました。

Fire HD 10を購入した理由

ご存知の方もいるでしょうが、僕は既に2018年モデルのiPad Pro 12.9インチのセルラーモデルを持っています。

なのになぜ格安タブレットの代名詞とも言えるFireブランドのタブレットを購入したのか?

その理由は二つあり、一つはセールで3割オフで1万1千円程度で買えたからで、もう一つはiPad Proの品質が悪すぎると感じたからです。

一つ目は「安かったから」という単純な理由なので説明不要でしょう。二つ目の詳細ついては後述します。

Fire HD 10の開封と付属品の確認

フルHDディスプレイ、クアッドコアCPU、DOLBYのオーディオスピーカー搭載でお値段11,280円って、アマゾン凄すぎじゃないですか?(これでも安いけど前回のセールの時は1万円切ってたという)

iPad Proは本体だけで16万円近くしたぞ・・・。Fire HD 10だったら同じ値段で15枚も買えると考えたら、最近のiPadは高すぎるよなぁ。

これを化粧箱と呼べるのかは分からないけど、開封の高揚感が楽しめるのはやっぱりiPadですね。あの化粧箱は何度見ても所有感が満たされます。

美的センスの欠片もない人間だけど、アップルの化粧箱は本当に好き!

上からチラリとFire HD 10がこんにちはしてくれました。にしても安っぽい箱ですなぁ。

本体以外の付属品は、クイックガイド、注意事項とか書いてある説明書、充電のACアダプタ、Micro USBケーブルの4点です。

値段が値段なのでイヤホン等も付いてないし、必要最低限って感じですね。

Fire HD 10の第一印象は思ってたより小さいということ。持った時思わず「小さっ!!!」って発してしまうくらい驚きました。

たぶんiPad Proをずっと使ってたからかもしれませんが、12.9インチに慣れ過ぎるとそれ以下の端末が本当に小さく感じます。

10インチってそこそこ大きいと思ってたんですけど、実際に使ってみるとiPad Miniを使ってるような感覚です。

重ねてみるとその差がよく分かりますね。あまりにも小さくて、最初はFire HDの8インチと間違えて注文したのかと焦ったほどです(笑)

Fire HD 10の使用感

届いたのが昨日なので今でちょうど1日使ったことになります。

ではiPad Proと比べてその使用感はどうなのか。はっきり言います。

Fire HD 10コスパ最高過ぎ!

いや、まじでこれ本当にびっくりした。Fireシリーズのタブレットは所詮全て廉価版という先入観があったからかもしれないけど、普段使いには全く困らないくらいヌルヌル動いてくれます。

プライムビデオやkindleのようなアマゾン系サービスとの連携は当然問題なし。ホーム画面から瞬時にアクセスできます。

さすがアマゾンサービス特化のカスタムOSなだけあって、この点に関してはiPadよりも使いやすく作りこまれています。

あとはSilkというアマゾン独自のブラウザが思いの外サクサク動くことに驚いた。

さすがにRAMが2GBなので、常にタブを10個も20個も開いてブラウジングするような使い方には向きませんが、それ以下ならタブを開きながらでもストレスなくネットサーフィンできます。

ただ、iPad Proよりも快適かといえばそれはノー。Fire HD 10も十分快適ではあるけど、スプリットビューでのブラウジングの快適性と比べたらまだまだです。

GooglePlayを入れるとさらに使いやすくなる

Fire HD 10に搭載されているFire OSはベースがAndroidなので、ちょっとした裏技(なのか分からないけどググればすぐに出てくる)で、Android端末に入ってるのと同じGoogle PlayアプリをFire HDにインストールすることができます。

GooglePlayを入れれば「FireOS with GooglePlay」の出来上がり。GooglePlayにあるアプリをAndroid端末と同じようにインストールできるようになります。

Playストアアプリがあれば、現在大人の事情でアマゾンのアプリストアにはないはずのYouTube公式アプリだってFireHDで使うことができるのです!

ちなみにグーグルマップもインストールして使ってますが、iPad Pro程サクサクではないにしても、ピンチアウトもスムーズに動きますし、ストリートビューも問題なく使えます。

iPad ProとFire HD 10はどちらがおすすめ?

金銭的に余裕があって、ペンを使った作業や写真・動画の編集、高負荷の3Dゲームをする人はiPad Pro。ちょっとしたネットサーフィンに映像の視聴、kindleで電子書籍を読む程度ならFire HD 10がおすすめです。

僕は今までタブレットはiPadの一人勝ち状態で、iOS以外のOSのタブレットは選択肢に入ってなかったのですが、今回Fire HDのタブレットを触って、完全に手のひらをくるりんぱしました。

今後は高いお金を払ってiPad Proを買うなら、コスパ抜群のFire HDタブレットでも良いかなって思い始めています。

先ほど僕がFire HDを買った二つ目の理由はiPad Proの品質が悪すぎるからと書きましたよね。

僕のiPad Proは購入してからどうも調子が悪く、タッチパネル反応が非常に悪かったんです。iOSのアップデートで改善されるのをずっと待ってたんですが、アップデートはあっても症状が改善することはなく、仕方なくアップルのサポートに電話をして修理に出しました。

そして新しいのに交換されて戻ってきたのが今のiPad Proです。

今回のiPadはフィルムとの相性最悪なので画面保護は諦めてフィルムなしで使ってたのですが、結果はやっぱりダメ。相変わらずタッチパネルの無反応は起こりまくる。

本当は返品したいくらいだけど、既に一度新しい端末に交換してもらってるしそれは厳しいと判断。

どーしよーかなーって悩んでる時に見つけたのがFire HD 10の割引セールです。

正直、ここまでFire HD 10の出来が良いとは思ってなかったので、今iPad Proをどうするか検討中・・・。

このまま映像専用端末として残すか?それとも売ってガジェットの購入資金にでもするか?もう少し考えてから答えを出したいと思います。