光コラボレーションは普通の光と何が違うの?

どうも、うりぼうです

あなたは光コラボレーションってご存知ですか?

恐らくですが、光回線に詳しい人を除いては、聞いたことすらない人がほとんどだと思います。でも別に知らなくて当然といえば当然です。だって出始めたのはここ数年の間だし、サービス開始当初に言われてたほど流行ってる感じもありません。

でも今後爆発的に伸びる可能性もあるので、今日は光コラボレーションについてお話したいと思います。ちなみに光コラボレーションは一般的に「光コラボ」と省略されているので、当記事内でも以後光コラボで統一します。

そもそも光コラボとは

コラボレーションというのは合作を意味します。私たちの日常生活の中にもコラボレーションってたくさんあります。例えばですけど、今日のニュースだとこんなコラボレーションがありました。

画像の記事元はこちら

記事本文は転載になるのでモザイクかけましたが、タイトルを見てください。ワンピースとTGC(東京ガールズコレクション)のコラボカフェが熊本にオープンってありますね。

光コラボも基本的にはこれと同じようなもので、最大手の光事業者であるNTTのフレッツ光とそのプロバイダがコラボレーションした光回線サービスのことを光コラボと呼びます。

光コラボの提供しているプロバイダは、大体が自社のブランド名をそのまま使用していることが多く、例えばソネットはソネット光、OCNはOCN光、BIGLOBEはBIGLOBE光など、ISPの名前に光がついてるだけなので、見分けるのは難しくありません。

光コラボで何が変わるの?

光コラボが解禁されたことにより、フレッツ光をプロバイダ独自のサービスとして提供していくことが可能になります。従来の光回線の提供スタイルというのは、NTT東西が「フレッツ光」というサービスを”そのまま”OCNやBIGLOBEなどのプロバイダが提供していました。

フレッツ光のサービス名はもちろん料金プランもプロバイダの好きなように変更できないので、プロバイダ側ができる他社との差別化といったら、せいぜいプロバイダ料金を下げるか契約特典を充実させることくらいでした。

プロバイダ料金を下げれば利益は減るわけですから、その分契約者数を増やさないと大きな利益は見込めなくなりますよね。

その一方でフレッツ光そのものを提供しているNTTに関しては、自社のブランド力は強化され、プロバイダ側が宣伝して顧客を増やしてくれるので、黙ってても売上は伸びていくわけです。

まったく携帯会社と同じでNTTさんはここでも殿様商売やってますねえ。

しかし、光コラボが解禁されたことで、フレッツ光をプロバイダ側のブランドでサービス提供ができるようになったのと、料金プランや独自のセット割引もしやすくなりました。

イメージとしてはこんな感じで、今までNTTとプロバイダで別々で契約してたのが、光コラボだとプロバイダ一本でOKになります。

「それだけ?」と思う方もいるでしょうが、これって結構重要なことで、今までだと何かトラブルが起きてプロバイダかNTT電話すると、「うちじゃなくてあっちに問い合わせて!」と、電話でたらい回しにされることが本当に多かった。

フレッツ光って、提供プロバイダがたくさんあっても、NTTとの連携がまるでダメだったので、光コラボでプロバイダが光を丸ごと提供できるようになったのはユーザーとしてもメリットは大きいと思います。

光コラボで契約するメリットはあるの?

今国内にはフレッツ光以外にもauひかりやNURO光など様々な競合サービスがあります。正直な話、その中からあえて光コラボを選ぶ必要があるのかというと微妙なところです。

というのも、光コラボの光回線はプロバイダが提供していることになっていますが、基地局の維持に必要なメンテナンス等はNTTが行っています。あくまでプロバイダはNTTから回線を借りて提供してるだけなので、回線の中身そのものはフレッツ光と全く同じものです。

検討している光コラボが格安SIMもやっていて、光とセット契約すれば割引が適用されるとかなら乗り換えるメリットにもなりますが、そういった恩恵も何もないなら、あえて光コラボを契約するメリットはないのかなと僕は思います。

ただ、これはあくまで都市部の話であって、地方に住んでいて、フレッツ光くらいしか光回線の選択肢がないというのなら、NTT東西で契約するよりも、フレッツ光の光コラボで契約した方が多少お得です。(本家より割高だったらコラボの意味ないですからね)

地方はドコモの契約者が多いので、ドコモ光とか悪くないと思いますよ。