格安スマホと格安SIMの違いは何ですか?

どうも、うりぼうです。

僕は根っからのガジェット好きです。割と頻繁にスマホやパソコンを買い替えるし、新しいスマホを買ってもすぐに次のモデルが気になってしまいます。その影響もあってか、いつしか一部の人からはガジェオタ(光栄ですw)と呼ばれるようにもなりました。

ただそうなると、当然のごとく何かガジェット類でトラブルを起こすと僕に相談をしてくるわけです。中でも多いのが格安SIMと格安スマホの違いについて教えてくれってやつ。

これって自分では理解してるつもりでも、いざ説明すると中々相手に理解してもらえないんですよね。(僕の説明に問題があるのかもしれませんが)

格安スマホと格安SIMは別物?

別物ではないんだけど、やっぱり別物・・・。凄く難しいですけど、同じであって同じじゃないんです。

なぜこの二つの違いを説明するのが難しいのか?それは、「格安スマホ」に具体的な定義がないからです。

単純に本体の価格が安い端末のことを格安スマホと呼ぶ人もいれば、MVNO(ドコモやKDDIから回線を借りてサービスを提供してる事業者のこと)のことを格安スマホと呼ぶ人もいる。はたまた自前のスマホにMVNOのSIMカードを挿して低料金で維持してるスマホのことをそう呼んでる人だっているわけです。

もうバラバラで意味分かんないですよね。僕もいい加減にしてくれって言いたいです。

一方で格安SIMはというと、MVNOの発行するSIMカードのことを格安SIMと呼ぶ人がほとんどです。こちらは名称に「SIM」とついてるから、SIMカードに限定されるので格安スマホほどはややこしくはないですね。

格安スマホ=ローエンドスマホを格安SIMで運用してること

あくまでこれは僕個人の解釈なんですけど、ローエンド(廉価モデルで3万円前後かそれ以下で買える安価な端末のこと)スマホに格安SIMを挿して使ってるのが本当の意味での格安スマホって気がします。

端末がローエンドじゃなくても、格安SIMを挿して使ってたら、それはもう格安スマホだと言ってる人もいるんですが、これだとSIMフリー版のiPhone XSやGalaxy Note9のようなハイエンド端末でも、格安SIMを挿したら格安スマホってことになってしまいます。

いくら通信費が格安だとしても、5万円程度のミドルレンジスマホならともかく、定価10万円を軽く超えるような端末を格安スマホと呼ぶべきなのかどうか。

そう考えると、全てを格安で済ませてこそ格安スマホだと思いますね。

格安スマホと呼べるパターン

先ほど話した格安スマホと呼べるパターンの例を分かりやすくまとめてみました。ちなみにローエンドは定価3万円前後からそれ以下、ハイエンドは定価8万円以上のスマホを想定しています。

ローエンドスマホ単体

ローエンドスマホ単体のことを格安スマホと呼ぶことについて。これは特に問題ないかと思います。実際格安で買えるスマホなわけですから。この価格帯だと、ファーウェイやASUS(エイスース)製のスマホが多いです。

格安SIM単体

格安SIM単体で格安スマホと呼ぶのはちょっと無理があります。SIMカード単体のことを指すなら、格安SIMと呼ぶべきですね。

ローエンドと格安SIM

格安スマホと呼ぶのに相応しい組み合わせです。というより、これこそが正真正銘の格安スマホです。端末代が3万円、SIMカードの維持費が月2千円前後なら、二年間使えば端末代を含めても通信費は約7万8千円で済みます。ひと月あたり約3,250円という格安っぷり!

最新のiPhoneの半分くらいの金額で二年間使えるって・・・。やっぱiPhoneたっけーなぁ。高くても最先端の体験ができるなら納得もできるんだけどね。最近のiPhoneは平凡なうえに値段ばかりが高くなって本当に魅力がないスマホになってしまった。

とか何とか言いながら、結局メインスマホはiPhoneのままなんですけどね。

ハイエンドと格安SIM

上でも書いたとおり、これは僕的にはノーなんですけど、人によってはこれも格安スマホと呼ぶみたいです。

絶対の正解はない!周りに合わせればOK!

長々と呼び方について書きましたが、はっきり言ってどれで呼んでも間違ってはないので、自分が呼びたい方で呼べばいいと思います。あとはその場にいる人に合わせるのが良いですね。