こんちは!うりぼうです。

ノートパソコンって便利ですよね。今はスマホやタブレットがあるから物珍しさもないですけど、僕が中学の時に初めて自分のノートパソコンを買った時は、場所が固定されることなく家の中を移動しながらパソコンが使えることに感動したものです。

それが今では「iPadでよくね?」の一言で済んじゃうだから時代の流れって恐ろしい・・・。

ノートパソコンにLTEは必要ですか?

ここ数年、LTE対応の通信モジュールを内蔵したノートパソコンがちらほら出始めています。

具体的にメーカー名を出すと、レノボのThinkPadやパナソニックのレッツノート、VAIOあたりがLTE通信機能を備えたパソコンを出していますね。

LTEの通信モジュールを内蔵しているノートパソコンにはSIMカード用のスロットがついており、そこに通信会社等で契約したSIMカードを挿すことでWi-Fi環境のないところでもインターネットが使えるようになります。

これだけ聞くと物凄く魅力的に見えますよね。だって、CellularモデルのiPadのように場所を問わずノートパソコンを使えるんだから。

でも僕は、現時点ではノートパソコンにLTEは必要ないと思っています。その理由は大きく3つ。

ランニングコストがかかる

LTE通信をするには当然ながらSIMカードを用意する必要があります。

どこで契約するかは本人の自由ですが、電波の問題もあるので、LTE搭載ノートを使ってる人の多くは、ドコモかドコモ系MVNOでデータ通信専用SIMカードを契約しています。

例えばDMMモバイルの場合は、20GBのデータSIMで月3,980円です。これが安いかどうかは何とも言えないですが、今だったらドコモのギガホを契約してデータプラスで運用した方が良いかもしれません。

いずれにしても、LTE搭載ノートを活かすには毎月のランニングコストが必要になるので、その点は頭に入れておく必要があります。

無料でWi-Fiが使える環境が増えた

まだ日本のスマホ普及率が今ほど高くなった頃は、街中に出ても無料のWi-Fiが使える場所は限られていました。

しかし、今はちょっと街に出れば無料のWi-Fiスポットなんていくらでも見つかります。飛行機の機内や新幹線の車内だってWi-Fi対応が進んでるくらいです。

無料Wi-Fiを開放している喫茶店でも見つけて入れば、LTEがなくてもノートパソコンで作業はできます。もちろん通信品質やセキュリティリスク等の問題もありますが、無料で使える以上そこは割り切るしかないです。

代表的なのはスタバです。スタバでMac!はよくネットでネタにされてますけど、スタバってネット環境が良い(店舗と混み具合にもよるが)ので作業するにはもってこいだったりします。(最近はどこの店舗も混雑が激しく騒がしいのでめっきり行かなくなりましたが)

仕事をするなら若い客層が多いチェーン店よりも、年配の夫婦が個人でやってるようなこじんまりとした喫茶店の方が僕は好きですね。

バッテリー消費が激しい

僕が必要ないと思っている最大の理由がこれ。

LTEノートってバッテリー消費が激しいんですよ。僕は今までThinkPad X1 Carbon(一個前のパソコンがこれ)とレッツノートのSZ6でLTEを使っていますが、どちらもWi-Fi利用時と比べてバッテリー減るのが早い早い。

どちらの機種もバッテリーライフは長い方ですが、LTEをオンにするとガンガンバッテリーが減っていきました。

スマホ使ってる人は何となく分かりませんか?

家のWi-Fiでスマホを弄ってる時よりも、外で4Gを使ってる時の方がバッテリー消費が早い現象。

それと同じでノートパソコンもLTEをオンにするとバッテリーが犠牲になります。

LTEを必要としている人もいる

以上が僕がノートパソコンにLTEは必要ないと思う理由です。

当たり前ですが僕の意見が全てではありません。企業だって需要があるから搭載してるわけですからね。中にはLTEを便利に使ってる人も大勢います。

特にレッツノートあたりはビジネスマンの利用を前提として作られてるので、そういう無料Wi-Fiの場所を探す時間すら惜しい人には、場所を問わずに利用できるLTE通信機能は使い勝手が良いでしょう。

僕だって今はLTE否定派ですけど、5年後には手のひらクルックルになってるかもしれませんからね(笑)

あくまでこの記事の話は、僕の個人的な意見として、ノートパソコン選びの参考の一つにしていただければと思います。