おはようございます!うりぼうです。

前に記事でも書いたとおり、引っ越し先の光回線はNURO光に決めました。

前の家でもNURO光だったので初めてではないんですけど、名古屋はまだNURO光の提供が開始して1年程度しか経ってないので、利用者が少ない分、関東よりも回線品質が高いのではないかと密かに期待しています。

そして先日、開通工事のスタッフがうちにきました。

「これで夜にはぐーたらネットライフが送れるー!!!!」

とテンションが上がってたところ、すぐに作業スタッフの方からお呼びがかかりました。

え?もう終わったの?早すぎない?なんて思ってると・・・

「IDF(中間配線盤)の鍵がないので工事ができません」

・・・!?

え、工事のことは管理会社も把握しているはずだけど・・・。

鍵がない→作業員の方が入れない→何もできない→今日は諦めるしかない→ネット出来ない

終わった。ここまで引っ越しは全て順調だったのに、ここにきて工事できないという大アクシデントが発生するとは・・・。

未完了(泣)

今まで何度も光回線の開通工事に立ち会ってきましたが、未完了で終えたのはこれが初めてだ・・・。

嘆いていても仕方がありません。

次の工事日程はマンションの管理会社と施工業者でやりとりして貰うことになったので、今僕がするべきことは、次の工事が始まるまでの期間をどうやって凌ぐかです。

Wi-Fiルーターをレンタルすることに

予定では引っ越し当日にNURO光も開通してるはずだったので、レンタルは必要ないだろうと思ってたWi-Fiルーターをまさかのレンタルすることになりました。

引っ越し後5日間は家にいなかったので、申し込んだのはそれからです。

wifiレンタルドットコムってサイトで一番人気のSoftBank E5383無制限を1か月間レンタルしましたが、料金は3,980円とかなり良心的な価格。

実際の請求額はこれに加えて税や配送料等も含まれるのですが、これら全てを含めても、今回自分が支払うのは5千円程度です。1か月無制限(1日10GB以上は制限あります)で使えてこの金額なら十分に安い方だと思います。

ただ、これは通常料金ではなく、ソネットのマイページ内のメールにあるリンクから飛ぶと適用されるNURO光契約者限定の割引料金なので、普通に同じ契約内容でWi-Fiルーターを申し込むと30泊31日で6,480円かかるので注意してください。

ソネットマイページの「重要なお知らせ」に「お申込み受付のご連絡」というメールがきているはずです。その中に↑のキャンペーン情報があり、その下に専用リンクが貼ってあります。

Wi-Fiレンタルドットコムは13時までに申し込めば即日配送してくれるので、僕も12時40分くらいに申し込みましたが、翌日の10時にはWi-Fiルーターが届きました。

通信機器の世界では嫌でもファーウェイって名前が出てきますね。写真にある通り、このモバイルルーターもファーウェイ製です。

モノは良いんですけどね。ただ最近は中国の国家情報法という法律の影響でファーウェイが使いづらい世の中になってるだけで・・・。

まぁ今回はNURO光が開通するまでの長くて数週間程度の利用なので、僕は特に気にしてはいませんが。

あと通信速度に関しては、正直言って遅いです。大体下りが5~10Mbps程度しか出ません。

ただこれはあくまで数値上の話。今この記事書いてるSurface ProもWi-Fi接続してますが、普通にパソコンやスマホを弄ってて体感的にネットが遅いなと感じる場面は特にありません。

YouTubeもストレスなく見れますしね。(720pや1080p画質だと通信量を食うので普段は360pで視聴しています)

一生使い続けるものでもないので、とりあえずこのモバイルWi-Fiルーターの環境でNURO光の開通まで耐え凌いで見せますよ!

集合住宅の人は管理会社への連絡を忘れずに!

これはNURO光forマンションではなくマンションミニで契約する人向けの注意点です。

今回僕はちゃんと連絡したつもりでも、こういったトラブルが発生してしまいましたが、集合住宅で光回線を検討している方は、必ず事前に自宅マンションやアパートの管理者会社(または大家)に連絡を入れておきましょう。

古い建物の場合は配管の有無もしておいた方が良いですが、相手が個人ではなく管理会社の場合は光回線の工事が必要(工事の許可が取れることを前提として)と一言伝えれば、後は担当者が準備(主に鍵)してくれるはずです。

一番難しいのが相手が個人の大家で年配の方だった場合です。自分で説明できる自信がない場合は、ソニーネットワークコミュニケーションズに連絡して代理で交渉してもらいましょう。

それで工事がダメと言われたら、残念ですが諦めるしかないですね。