こんちは!うりぼうです。

開通工事が失敗に終わってから約3週間、ようやく次のチャンスがやってきました。

前回は開いてるはずのIDFに鍵がかかっていて業者が工事をできなかったので、今回は業者の方に管理会社から鍵を受け取ってからマンションに来てもらうことになりました。

前の担当者とは違う人でしたが、状況は把握していたのでその点は一安心。(一から説明すると面倒ですから)

部屋にきたら早速工事を始めました。

今回来た作業員の方は一人で、その方曰く、「普段は二人でやるクラスのマンションだけど、繁忙期なので一人で周ってます」とのこと。

2度目の工事は3月末だったので、もうそろそろ工事のピークも過ぎてくるんじゃないかと思ってましたが、うちの後も工事の予定がぎっしり詰まってるそうです。

工事開始から1時間程度で問題発生

工事が始まり、「今度こそ光回線環境が復活するぞー!」と喜んだのも束の間、1時間後くらいに作業員の方がやってきました。

10分くらい説明を受けましたが、端的に言うとマンションの1~2階が住居じゃなくオフィスだからそこの会社に許可を取らないと残りの工事ができないとのこと。

いやー、これは盲点でしたわ。

引っ越したマンションは1~2階が企業オフィスで3階より上が住居用フロアとなっています。

今まで住んだことのあるマンションは全て住居専用の建物だったので、下にテナントが入ってた場合のことなんて考えたこともありませんでした。

工事中の音って結構うるさいので、無許可で続けることなんてできませんからね。ましてや1階フロアは静かなオフィスなので、そんな中騒音を撒き散らしては業務妨害にもなりかねません。

一応その会社の人とも交渉したみたいですが、責任者不在だったのでそれ以上の進展はありませんでした。

本当に今回の開通工事はやることなすこと全て裏目に出てる気がするなぁ。

いや、別に今の環境でも仕事はできるし、開通が遅れることに対しての怒りは全くないですよ。ただ、こんな大事なことを事前に伝え忘れた自分が不甲斐ないのと、工事にきてくれた業者さんの苦労を二度も無駄にしてしまったことへの申し訳なさの方が辛くて・・・。

また今回きてくれた作業員の方が、見た目はちょっとやんちゃそうな兄ちゃんなんだけど、会話が楽しいというか、感じのいい人だったので余計に申し訳なく思ってしまいます。

まぁ、その人も「こういうことは結構ある」と笑っていたので、僕が思ってるほどおおごとではないんでしょうけどね。

今後のスケジュール

もう未完了のチェックマークは見たくねえおお!

自分でもまさか光回線の工事がここまで長引くとは思わなかったなー。

こう失敗続きだと3回目の延期もあり得そうですが、正直ここまできたらなるようになれって感じです。

今の時点で申し込みから1か月オーバーですけど、もう2か月でも3か月でも開通さえできれば文句ありません!

とにかくこれからNURO光をマンションミニで契約する方は、建物のフロア構成も事前にソネット側に伝えておいた方が良いです。

1階から最上階まで全て住居用のマンションなら問題ありませんが、最近多い他のテナントとの複合型マンションの場合は、厄介な工事になる可能性があるので注意してください。

ソネットも設備機器を導入する建物の情報くらいは事前に把握しておくべきだと思いますけどね。申し込んだ人は、NURO光の提供可能物件の中に自分の住んでるマンションやアパートがあったから選んでるわけだし。

とりあえずこれから僕がするべきことは、マンションの管理会社から1階に入ってる会社に回線工事の許可を取ってもらうようにお願いすることです。

許可が取れたらその日程をソネットに伝えて、再度工事の日程を調整してもらいます。

【追記】工事の日程が決まりました。2度目の工事が失敗した日から約1か月後です。工事を許可してくれた会社に感謝ナリ~!