端末と通信を分離へ。日本のスマホ市場はどうなるのか

どうも、うりぼうです。

日経新聞」の記事にも出てますが、昨日の5日に電気通信事業法の改正案が閣議決定されました。

スマホと通信プランのセット販売が禁止

携帯会社は通信プランとスマホを抱き合わせる販売手法で巨額な利益を生み出しています。

スマホメーカーのほとんどがキャリアを通じて製品を販売してるので、アップルのような自社のオンラインストアでSIMフリースマホを販売しているところを除き、利用者は回線契約抜きでキャリアのスマホを購入することができません。

端末と通信がセットであることのメリットは、本体が割引価格で買えることです。例えば、割引なしだと13万円するスマホが回線とセットで契約することで6万円ほど割り引かれ、実質7万円前後で高級スマホを買えるようになります。

一見誰も損をしてないように見えるけど、数万円もの割引をする以上、その分を負担する人、つまり損をしてる人は必ずいます。

それは同じスマホを長期間使い続ける人です。

スマホの購入で適用される割引は二年間継続します。二年ごとにスマホを乗り換える人は割引の恩恵を受けられるので良いですが、同じスマホを二年以上使い続ける人は途中から端末割引なしで通信費を支払い続けることになります。

大手キャリアで同じスマホを長期間使うということは、他人の割引分を肩代わりしてるも同然です。この不公平な現状を見るに見かねて政府はセット販売の禁止に乗り出しました。

二年縛りのような長期間の契約を禁止

キャリアで契約するともれなく二年間縛りがついてきます。途中解約すれば違約金として一万円、契約によっては数万円の違約金を取られることもあります。

これの何が酷いって、二年間の契約を満了したらそれで終わりではなく、再度また二年縛りが更新されるところ。

回線を契約して二年後の更新月に解約すれば違約金は発生しないけど、三年目とか五年目とかの更新月以外に解約した人は普通に違約金を徴収されるのです。

僕は携帯会社の料金システムで最もたち悪いのがこの違約金だと思ってます。

酷いやつだと四年縛りとかもありますからね。去年これでKDDIが総務省に喝を入れられてました。

その点MVNO(格安SIM)は、一年間契約を継続すれば、それ以降はいつ解約しても違約金を取らないところが多いので良心的です。

販売代理店も届け出制を導入

国の監視を強めるため、販売代理店でも届け出が必要になりました。

昔と比べたらだいぶ減りましたが、今でもTwitterとか見てると、禁止されてる販売手法で契約を取ってる代理店は腐るほどありますからね。

最近はTwitterで大々的に宣伝というよりは、Twitterで案件をちら見せしつつ、詳しい内容は来店してくれたら教えてあげるというやり方が多いので、携帯乞食も足を使わないと稼ぎにくい時代になりました。

とにかく餌をばら撒いて契約を取らないと販売代理店は儲からないので、販売代理店からしたら、今回の改正案の中でこれが一番ダメージ大きいと思います。

iPhone一強時代が終わるか?

これらの改正案が施行されるのは今年の夏からです。ドコモは毎年5月頃に夏モデルの新製品発表会を行うので、通信と端末をセット販売で買えるのはこれが最後になるでしょう。

それ以降は本当にどうなるんでしょうね。今は実質価格で表示されてるので、そこまで高い印象を受けないでしょうが、全てのスマホを定価で販売したら、iPhoneはもちろんGalaxyやXperiaの最新モデルだって買う人が相当減るはずです。

そうなるとコスパの良いファーウェイスマホが売れるような気がします。

米中貿易摩擦の影響でスパイ疑惑とか様々な問題を指摘されてるファーウェイですけど、多くの若者はそういったニュースを把握していないので、ファーウェイに対する抵抗というのが全くない人が多いです。

あくまで僕の個人的な想像ですけど、ファーウェイやOPPOのような中華メーカーは、今回の改正案を転機と捉えてると思いますよ。

どう考えても今のスマホは高すぎですからね。今のペースでいくと、iPhoneが5Gに対応する頃にはハイエンドスマホの相場が20万円を超えるんじゃないかと不安になります。

世界よ思い出せ!僕が初めて自分のお金で買ったiPhone4sは確か5万円くらいだったぞ!