先日グーグルから面白い新サービスの発表がありました。

その名も「Stadia(ステイディア)」。新作のゲームタイトルみたいな名前をしてますが、Stadiaはゲームタイトルではなく、グーグルの新たなゲームプラットフォームです。

Stadiaはどんなサービスなの?

一言で言うとクラウド型のゲームサービスです。

PS4や任天堂Switchでゲームをするには、必ずゲーム機本体(コントローラー含む)とソフトが必要ですよね?

ゲーム機本体だけあってソフトがなければゲームはできないし逆もまた然り。

このように従来のスタイルの場合、本格的にゲームを楽しむにはまずゲーム機から買う必要があるわけです。

本当にゲーム好きならゲーム機に数万円は痛くない買い物でしょうが、ゲームは好きだけどゲーム機に何万円も払いたくないという層も大勢います。ソシャゲをやってる若い子なんかは特にそうです。

そしてこういった層も取り込もうとしているのがStadiaです。

Stadiaは専用のゲーム機があるわけではありません。クラウド型サービスなので、ゲーム機は目に見える形としてではなく、Stadiaのサーバー上に設置してあります。

つまりStadiaの大まかな仕組みはこうです。

  1. ゲームを操作する
  2. サーバー上で全て処理する
  3. 映像だけストリーミングする

1に戻り繰り返し

全てクラウド上で処理するので、ユーザーはネットと映像を受信する端末(スマホやタブレットでもOK)さえあればどこでもStadiaでゲームを楽しむことができるわけですね。

これの何が凄いって、クラウド上で処理するから、ゲームを処理することによるデバイス本体への負荷が一切かからないこと。PS4もゲーミングパソコンも本体内で全て処理してるので、機械内部では相当な発熱を起こしています。

Stadiaの場合はクラウド上で処理して映像だけを端末に配信するので、ハイスペックなスマホやパソコンは一切不要。YouTubeを普通に再生できるスペックなら、誰でもStadiaでゲームを楽しむことができます。

しかも、クラウド上に設置されているゲーム機のスペックがまた強力で、軽くPS4 Proの2倍以上のパフォーマンスを誇るんだとか。

当然4K処理も問題なく、将来的には8K対応も予定しています。(そこまで必要あるのかは疑問だけど)

専用コントローラーも用意していたりと、グーグルは本気でゲーム市場を取る気のようです。

ただ、グーグルは儲からない分野はすぐ切り捨てる傾向にあるので、Stadiaも儲からないと判断したらすぐに撤退という可能性も十分に考えられます。

なので過度な期待はせず日本にきたらラッキーくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

日本での普及は今のところ厳しい

グーグルは、まずはStadiaを米国、カナダ、英国、欧州で展開すると明言しています。

日本どころかアジアは完全に蚊帳の外ですね・・・。

でも仮に日本にきたところで、普及するのはかなり厳しいと思います。

前の記事でも書きましたが、現時点で日本の光回線はOECD加盟国の中でも下から数えた方が早いくらい速度が遅いです。それどころかトラフィックが増えすぎてパンク寸前まできています。

クラウド型ゲームの最大の弱点は遅延です。

回線品質が途切れることなく安定して高い水準を維持できれば快適にゲームもできるでしょうが、光回線なのにADSL並みの速度が珍しくない日本の回線品質では、仮にStadiaがサービスを開始したとしても、遅延しまくり不満続出で利用者は増えないでしょう。

画質にもよりますが、Stadiaで快適にゲームをプレイするには最低でも20Mbps以上の速度は安定していないとまともにゲームなんてできないと思います。高画質だったら50~100Mbpsくらい出てないと厳しいんじゃないかな。

それくらいクラウド型ゲームサービスって難しいんです。

あとはグーグルの技術力次第ですね。発表内容からして遅延の影響は限りなくないに等しいみたいですけど。

それにしてもグーグルって本当にプロバイダ泣かせの会社だよなぁ。

ただでさえグーグルはドライブやフォト、YouTubeでトラフィック急増に大きく貢献しているのに、加えてStadia発表とか日本のプロバイダ潰す気かよって思います。