こんちはー。うりぼうです。

今日、ドコモから2019年夏モデルのスマホが発表されましたね。いつもなら発表の様子をライブで必ず見てるんですが、今日は仕事で見れなかったので、今慌てて発表内容を確認しています。

今回の発表で、僕が一番気になってるのが、分離プランでの端末購入補助はどうするのかという点。今までは月々サポートという形で通信費から割り引く仕組みでしたが、このやり方は認めないとお国さんが色々口出して廃止になってしまいました。

本当に余計なことしかしてないよな・・・。

割引なしで端末を購入すると、フラッグシップモデルのほとんどが10万円を超えます。今までは月々サポートの実質価格で何とかごまかしも利きましたが、それができなくなった以上、利用者の負担を減らすには、割引分をドコモが負担して端末代金を無理やり下げるしかありません。

ここまでしてくれたら大したものなんですけど、まあ天下のドコモさんが、みすみす目の前の利益を減らすようなことはしないでしょう。

スマホおかえしプログラム

今日発表された端末購入補助プログラムが「スマホおかえしプログラム」です。

もうプログラムの名前から期待できませんね・・・。真っ先にKDDIの「auアップグレードプログラム」が思い浮かびました。

スマホおかえしプログラムは、スマホを36回の分割払いで契約し、24か月後にそのスマホを返却することで、12か月分の残債を免除してもらうことができるプログラムです。

例えば、機種代を分割で3,000円×36回支払う場合、24か月後にスマホをドコモに返却すれば、残りの36,000円(3,000×12回)は免除されるってことですね。

ちなみにこの返却自体は任意となっているようで、購入したスマホを気に入り、25か月目以降も継続して使いたい場合は、返却なしでそのまま使い続けることも可能です。ただこの場合、返却時に適用される残債の免除が受けられないので、残りの36,000円は全て契約者の負担になります。

二年後に返却すると、自己負担は72,000円で済むけど、端末は手元に残らない。
返却なしで三年間継続して使い続けると、全額自己負担になるけど、端末は手元に残る。

どちらが良いかは、その人の懐事情にもよるので断言できませんが、少なくとも僕はこのスマホおかえしプログラムを利用したいなとは思わないですね・・・。

だって、これただのリース契約じゃないですか。二年で返すと端末は残らないし、かと言って三年間使っても全額自己負担になるだけだし。

懐事情が厳しい人には、メリットに感じる部分もあるかもしれませんけどね。個人的に、スマホの本体代金すら一括で支払う余裕がないなら、iPhoneやGalaxyのフラッグシップよりも、Pixel3aのようなコスパの良いミドルレンジスマホを買うべきだと思いますが。

月々サポートの代わりとなる割引措置もないし、今のところ、一括払いで端末を購入する人には何のメリットもないのが辛いです。

あーあ。政府や総務省に少しでも期待した自分が馬鹿だったかなー。

ドコモ2019年夏モデルのお話

魅力のないスマホおかえしプログラムの話は終わりにして、新作夏モデルのお話を。今回発表されたのは全13機種です。

  • Xperia 1 SO-03L(103,032円)
  • Galaxy S10 SC-03L(89,424円)
  • Galaxy S10+ SC-04L(101,088円)
  • Galaxy S10+ SC-05L Olympic Games Edition(114,696円)
  • Pixel3a(46,656円)
  • AQUOS R3 SH-04L(89,424円)
  • HUAWEI P30 Pro HW-02L(89,424円)
  • Xperia Ace SO-02L(48,600円)
  • LG style2 L-01L(38,880円)
  • arrows Be3 F-02L(33,048円)
  • arrowsケータイ F-03L(31,104円)
  • SH-03L(29,160円)
  • Wi-Fi STATION SH-05L(未定)

※下3つはガラケーとモバイルWi-Fiルーター

Galaxyばっかりですね。というか、Galaxy S10+が10万って安いなぁ。日本は安くても13万円以上で出してくると予想してたので、この点は良い意味で裏切られた気がします。

ただ、個人的には、S10+のオリンピックモデル出すなら、プリズムブラック以外のカラー出せって感じですけど。

それにしても、Note9やiPhone XSで10万円超えのスマホに見慣れてたせいか、夏モデルはどれも安く感じてしまう・・・。iPhone XS Maxとか18万円のモデルもあったじゃないですか。それと比べたら夏モデルはだいぶ安いです。

Galaxy以外だとP30 Proも安くね?海外だと12万円とかするじゃんこれ。バックドア云々のリスクを無視できるなら、P30 Proという選択肢も全然ありだと思います。

しかし、相手はドコモ。安さには絶対何か理由がある。そう思い、スペックをチェックしてみたところ、安さの理由がすぐに分かりました。

RAMが6GBに減らされてる。

海外版のP30 Proは、基本8GBで上位版は12GBあります。8GBが6GBになったところで、動作の影響はほとんどないと思いますが、仮にもProという名前がついてるのに、廉価版仕様で発売するのはあまり良い印象ではないですね。

それでも、おサイフケータイ機能(Felica)が載ってるファーウェイ端末は貴重なので、欲しい人はRAMの違いなんて気にせず買っちゃって良いと思いますよ。

ゲーム重視ならスナドラ855搭載のGalaxyシリーズ。カメラ重視ならLeica監修カメラのP30 Pro。コスパ重視ならPixel3aがおすすめです。