スマホのテザリングがあればネット回線はいらないってホント?

どうも、うりぼうです。

あなたはスマホのテザリング機能を使っていますか?

テザリングというのは、スマホをモバイルルーター代わりにして、パソコンやタブレット端末をWi-Fi接続することができる機能です。

スマホが普及し始めた2011年頃は、一般の人にテザリングと言っても全く通じませんでした。どういう機能なのか知っていても、「テ」を「デ」と間違えてデザリングと言っちゃう人も多かったです(笑)

今思うと懐かしいなぁ~。ちょうどその頃はHTCも全盛期でauからテザリングを売りとしたEVO WiMAX ISW11HTという機種も出てました。当時僕はまだ高校生でしたけど、バイトで貯めたお金で一括購入したのを覚えています。

でもこれは昔の話。今ではサラリーマンはもちろん、学生でもテザリングを使いこなしている人は大勢います。

テザリングがあれば光回線やモバイルWi-Fiルーターはいらない?

ここ最近、テザリングがあれば光回線やWiMAXといったネット回線はいらないと主張する人も増えてきました。

確かに、テザリングができるスマホがあれば、わざわざ工事が面倒な光回線や荷物が増えるモバイルWi-Fiルーターを契約する必要性を感じられなくなるのも分かります。

でも僕は、テザリングがあるからと言って、光回線やモバイルWi-Fiルーターといったネット回線全般がいらないとまでは思いません。その理由は大きく二つあります。

スマホのバッテリーが劣化しやすくなる

スマホでテザリングをするということは、スマホのバッテリーを消費するということ。

電池は消耗品です。スマホに使われているリチウムイオン電池は、充電を繰り返すごとに徐々に劣化していきます。

特にテザリングはバッテリーを大量に消費するので、その分充電回数も増えてバッテリーの劣化にも繋がります。

スマホを頻繁に買い替える人は問題ないでしょうが、2年以上同じスマホを使い続けるつもりなら、スマホのテザリングはあまり使うべきではないでしょう。

データ容量が枯渇しやすくなる

基本無制限が当たり前の光回線と違い、携帯の回線は高速通信できるデータ容量に限りがあります。

多くの人が月3~7GBのプランで契約してると思いますが、テザリングを使うとこの程度のデータ容量なんてあっという間になくなります。

特にパソコンは危険です。この前駅のホームでドコモ回線でテザリングを使ったのですが、10分くらいメールとブラウジングをしただけで1GB消費しました。

まぁこれはあくまで僕の場合の話ですけど、基本的にパソコンって、本人はメールチェックとブラウジングしかしてないつもりでも、気づかないところで色々なソフトが裏で通信してたりするので、数ギガ程度のデータ容量では安心して検索すらできません。

最近はクラウド化も進み、Wi-Fiが繋がった瞬間同期を始めるアプリも多いですからね。OneNoteやグーグルドライブ/フォトは自動設定だとWi-Fiに繋がる度に同期するので注意が必要です。

また、パケットパックをシェアパックで契約している場合は家族に迷惑をかけてしまう可能性があることも頭の片隅に置いておきましょう。

シェアパックというのはデータ容量を個別に分けるのではなく、家族で一つのデータ容量を共有して使うサービスのことです。

ドコモの家族向けパケットパックは5~100GBまで幅広く用意されていますが、シェアパックで契約していることを忘れてガンガンテザリングをしてしまうと、家族全員分のデータ容量が枯渇してしまいます。

どうしてもシェアパックでテザリングをしたい場合は、事前にシェアパックの電話番号ごとに使えるデータ容量の上限値を設定しておきましょう。

これを設定しておけば、仮にデータ容量を使い切ってしまったとしても、通信制限がかかるのはその本人だけで、他の家族には影響を及ぼしません。

テザリングで事足りるのはライトユーザーだけ

月5千円程度のお金を支払う余裕がある人は光回線を契約しましょう。テザリングで頑張るよりその方が絶対に幸せになれます。

基本的にテザリングで十分なのは、たまにタブレットを1台繋いでネットサーフィンを少しする程度の人くらいです。

もちろん大手キャリアの大容量プランを契約すれば、ミドルユーザーでもテザリングで事足りるでしょうが、ドコモの100GBだと月額料金が2万5千円を超えてしまうので、そこまで払うならそれこそ本当に光回線にした方がいいよねって話になってしまいます。

格安SIMなら大容量プランでも安く利用できますが、テザリングを禁止(または良く思ってない)しているMVNOが多い上に、そもそも回線品質が大手キャリアと比べて劣りがちなのを考えたらあまり良い選択だとは思いません。