こんちはー!うりぼうです。

僕は家にテレビがありません。別にお金がないから買えないわけでも、部屋が狭すぎて置けないわけでもありません。自分の意志でテレビを断捨離したからテレビがないのです。

周りにこのことを話すと「不便そー」とか言われるんですけど、実際やってみると数日~1か月もあればテレビのない生活に慣れます。僕はテレビなし生活をもう5年以上送っているので、ここまでくると逆にテレビがある生活の方が嫌ですけどね。

家にテレビを置かなくなった理由

僕はテレビが嫌いだからテレビを捨てたわけではありません。テレビなしの生活を選んだのには当然理由があります。

番組がつまらない

大きな理由の一つはこれでしょう。びっくりするほど面白いと感じる番組がない。

僕が小さい頃は、毎日新聞の番組欄を欠かさずチェックし、面白そうな番組があったらVHSで録画してから学校に行ってました。

中学の頃、花ざかりの君たちへ(堀北真希ちゃんバージョン)に出てた水嶋ヒロを見て、水嶋ヒロみたいなイケメンを目指してたのが懐かしい。(しばらくして、イケメンはイケメンだからイケメンになれるという事実に気づいてしまったわけですが)

当時はガラケーのiモード時代で、インターネットという娯楽がまだ発展途上の段階だったから、テレビというメディアにのめり込むことができたというのもありますが、だとしても最近のテレビ番組は本当に質が落ちてると思います。

YouTubeを見てると、急上昇やあなたへのおすすめにテレビ番組の違法アップロード動画が出てきたりして、たまに少し見ちゃうこと(サムネに釣られて)ありますけど、最初から最後まで見続けたことってほとんどありません。大体最初の1分くらいで閉じちゃいますね。

たまーに面白いのもあるけど、確率的には1/20くらいかな(適当)。

まあテレビ番組が面白いと感じるかどうかは人それぞれですが、少なくとも、僕は今のテレビには退屈という印象しかありません。

部屋が狭くなる

テレビを置くにはそれなりのスペースを確保する必要があります。今住んでるマンションは1LDKで50㎡程度あるのでそこそこ余裕はありますが、5年前に住んでいたマンションは1Kの20㎡くらいの部屋だったので、テレビを置けばその分だけ部屋が狭くなります。

部屋を狭くしてまでテレビ必要なのか?自分に問いかけてみてください。

それでも必要というなら、テレビが必要な人間だと思うのでテレビを手放す必要はないかと思います。テレビを持つこと自体は決して悪いことではないですからね。

僕は、ただでさえ狭い部屋をテレビでさらに狭くされるのが嫌だったので、置かないという選択を取っただけです。

NHKがやってくる

テレビがあるところに必ずやってくるもの。それはNHKの委託業者です。

NHKの受信契約は一度契約したら最後、解約するのは至難の業です。実家の両親も、NHKは全く見てないのに受信料取られてブーブー言っています。恐らくNHKを契約している国民の9割は不満を持ってるのではないでしょうか。

皆NHKと契約なんてしたくないし、受信料だって払いたくないですよね。でも受信料を払わないと何度でも訪問してくるので、世間体を考えて渋々受信料を支払ってる人は多いです。

テレビある→NHKやってくる→受信契約しないといけない

これもテレビがあることの大きなデメリットの一つです。

ただ注意したいのが、テレビがなければ受信料を支払う必要がないわけではなく、あの人達は、テレビがなければ、スマホやタブレット(ワンセグ・フルセグが入ってたらアウト)、それがダメならパソコン(テレビチューナー内蔵ならアウト)、最終手段で車のカーナビまで託けて受信契約を要求してきます。

ちなみに僕は、NHKを契約していません。実際、テレビもないし、テレビが映るパソコンやスマホもないし、車は三年前に手放してからありません。

別にYouTubeのNHK撃退動画にあるようなバトルを繰り広げたわけじゃないですよ。今の家に引っ越してきてからも、一度NHKの委託業者が来ましたが、普通に受信するものがないこと伝えたら諦めて帰っていきました。

映像コンテンツの大半はインターネットで視聴できる

インターネットが普及したの今の時代。映像コンテンツの大半はインターネットで視聴可能です。

例えば、見たいドラマがあるなら「TVer」で見れるし、映画やアニメとかも、「Prime Video」「Netflix」「Hulu」などの定額動画配信サービスで見れるものが多いです。

野球やサッカーのようなスポーツ中継も、「DAZN」のような映像配信サービスで手軽に視聴することができます。

参考:プロ野球のネット配信サービスの比較

あと若者に人気なのはAbema TVですかね。アベマはインターネットテレビを掲げたサービスで、一言で言うならスマホやタブレットで視聴できるテレビです。

もちろん放送してるのは地上波と同じではなくアベマ独自の番組です。サッカー、将棋、バラエティ、アニメなど幅広いジャンルの番組を24時間放送してるので、放送事業者ではないことを除けば地上波とほぼ同じですね。僕もAbemaTVには相撲中継のときにお世話になっています。

とまあこんな感じに、インターネットがあれば、テレビがなくても映像コンテンツは楽しめるわけです

YouTubeで見れる動画も多いですが、一応YouTubeに上がってる動画の多くは著作権無視の違法アップロードによるものなので、事足りるとは言え、あまり褒められた視聴手段ではないでしょう。

やっぱりテレビは必要ない!

何度考えても、やっぱり僕のライフスタイルにテレビは不要ですね。あっても邪魔で煩いだけだし。

昔だったらテレビ見ないと時代の流れに取り残されるみたいな風潮ありましたけど、今は何もテレビだけがトレンドを発信しているわけじゃないですからね。

地震が起きた時だって、テレビがあった頃は、とりあえずテレビをつけて震源地と震度を確認してましたが、今は地震が起きたら真っ先にヤフーの地震情報をチェックしています。恐らくテレビがある人でも、テレビよりYahoo!を先にチェックするって人は多いんじゃないかな。

今後僕のライフスタイルにテレビが復活することはあるのだろうか。